header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

ソーシャル時代にウケる文章のレイアウト

動画でも話をしています。ぜひご覧ください。

携帯端末、スマートフォンでアクセスをするユーザーが多くなると予測されるソーシャルメディアであるとすれば、その状況をイメージすればどのような事が、ユーザーに喜ばれるか?が見えてくるのではないでしょうか?

今までは、会社や家などのPCの前に座って「さぁやるぞ!」というイメージ

これからは、電車の中やバス停での待ち時間など「短時間で簡単にチェック」という、どこからでも簡単に情報を読まれるイメージ

・始めからじっくり読ませるのか?
・さわりだけ読ませて、あとでじっくり読ませるのか?

どちらの方法も間違いでもありませんし、どちらの方法が良いという答えもありません。そこで、ソーシャルメディアをやっているあなた自身、どのように使われているか?を考えてみることをお勧めします。

・タイムリーな記事(ニュースやクーポン情報)は、ぱぱっと眼をを通してチェック
・仕事やビジネスに関係ある記事は、じっくり読む

私自身、携帯端末でも、長文も読めばヘッドラインだけチェックしたり、長いから読まないとか読むとか、そういう所にポイントはありません。

ただし、リンク先の画面が読みにくいレイアウトかったり、表示できないものがあったりするとすぐに画面を戻してしまいます。

ということで、ソーシャル時代にウケる文章のレイアウトは何か?という私の意見ですが、

・答え
・言いたいこと

は、先に書くというレイアウトです。

携帯やスマートフォンでは、一度に見れる文章量に限りがあります。

ということは、そこで興味がなくなれば、画面を閉じられる訳です。そうならないためにも先に「へぇ」と思わせるようにすれば、その後も読んでみようと思ってくれるのではないでしょうか?

・文章が面白く書ける
・キャッチコピーが上手い
・あなたのファン

だったりすれば、最後の最後まで読んでくれるとは思いますが、

・知らない人に文章を読んでもらう

ことを考えれば、話の「オチ」を先に持ってくる方が、多くの人の目に留まりやすくなりますし、伝えたいことを見てもらうこともできます。

そうすることで、最初から最後まで読んでもらえる人を一人、また一人と増やしていくことができるようになるのではないでしょうか?

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

▲ このページのトップへ