header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

Facebookページが盛り上がらない2つの理由 part2

facebook-ロゴ

Facebookページが盛り上がらないのは、
Facebookの仕組みが個人ベースだから。
というのが1つ目の理由。

そして二つ目の理由は、
以下の通り。

2.誰がやっているか?分からない場合

コカコーラや、JALなど、
個人を特定できていない
誰しもが知っている企業などのFacebookページ。

Facebookページの活用事例で
取り上げられているほとんどのケースは、
企業のFacebookページとなる。

個人が特定できないけど、
その企業や商品が好きという場合は、
Facebookページでワイワイするしかないのです。

企業であれば、どこでも良い訳ではなく、
ブランド化されている
誰でも知っている
という前提条件が必要である。

知らない企業には
人は集まらない。

これは、Facebookに限ったことではなく、
どんな事にも当てはまることだと思います。

Facebookページは、
企業だけがうまくいくのか?といえば、
それだけではありません。

そのフェイスブックページの内容に対して
人が集まるというのが、もう1つのパターン

趣味や興味のあるもの、有名人のファンなどの
Facebookページが、それです。

簡単に言えば、誰がやっているか?
よりも、内容に共感しやすいページである。
ということ。

ラーメン食べ歩き倶楽部!
ネコ大好き集まれ!
Facebook初心者の会
など

この場合は、始めたもの勝ちという
先行者利益的なものになりやすいと思います。

今回紹介した2つパターン
いづれの場合も、誰がやっているか?が
問題ではないことが共通点です。

誰がやっているか?分からない、
個人ウォールで盛り上がることができない。
結果、Facebookページが盛り上がる。
という流れが変に理由を付けるよりも
一番しっくりくるように思います。

あなた自身のFacebookページとの付き合い方を
一度チェックしてみましょう。

補足:
今回はFacebookグループ機能についてはわざと触れずに書いてあります。

ソーシャルSEOセミナーコンセプト

▲ このページのトップへ