header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

いいね!をあっという間に「100超」する方法


Facebook公認:フェイスブックページを検索上位に表示させる6つのポイントを読み解く | ツイッター伝道師 socialSEO ノブ横地_1327484731632

2011年6月21日に書いた記事、Facebook公認:フェイスブックページを検索上位に表示させる6つのポイントを読み解くで、いいね!を430いただきました。

いいね!を簡単に100もらう

いいね!を100もらうには、それなりの理由が考えられるとおもいます。
今回はその理由をいくつか挙げてみたいと思います。

1つの理由でも100越は可能だと思いますが、
複数の理由が当てはまれば当てはまるほど、100いいね!になる可能性は高くなると思います。

その1:Facebookネタであった
Facebookのユーザーにウケるネタだった。

Facebookでいいね!をもらうには、Facebookユーザーが好むネタであればあるほど、いいね!は押してもらいやすくなるのは当然ではないでしょうか?

フェイスブック関連の情報だったことがいいね!が430につながった。と考えます。

その2:タイミング
この資料は、同年6月8日にネット情報系サイトに掲載された情報でした。

公開したのが6月25日、「旬なネタ」だったということもいいね!が多く集まった理由だと考えられます。もっと早かったらもっと沢山のいいね!が頂けたかもしれませんね。

その3:英語
この資料は英語で書かれており、この記事が書かれた時、まだ他に日本語に訳されたものが、見当たりませんでした。

つまり、この英語の資料を日本語で読みたかったユーザーの欲求を満たすことで、アクセスさせることを可能にしたと思います。

その4:Facebook以外(SEO)の情報だった。
この記事は、Facebookの内容以外に、「SEO」というジャンルの情報でもありました。

SEOという内容に興味のあるユーザーにも興味を持たせる情報であったことも、この記事へのアクセスを増やす要因となり、結果1つでも多くのいいね!が頂けたポイントだと思います。

その5:分かりやすい内容だった。
既にいろいろなサイトで取り上げられた情報であった為、この情報の内容がある程度分かっていたものであった。

一般に知られたものであれば、人はイメージしやすくなります。
イメージしやすければ、その情報が掲載されているサイトへのアクセスさせるハードルを低くさせることができるようになります。

その6:ブログとソーシャルメディアの自動連携
記事は、自分のブログに掲載しましたが、
・ツイッター
・フェイブック
に自動で連携するようになっていました。

人の目に触れやすくした仕組みは、記事の事を1人でも多くの人へ届けるチャンスを作ります。ブログだけやればよいという事ではなく、多媒体との連携も重要な事だと思います。

番外:ソーシャルメディア
ソーシャルメディアは、情報の流れ「リレー」をする媒体です。

この情報を「シェア」「RT」「はてブ」されることで一人でも多くの人に見てもらえる環境が、いいね!が多くいただけた。ということも言えるのではないでしょうか?

終わりに:
当たり前のことですが、人が欲していることをやる。
人がイメージしやすいトピックを選び、タイミングよくやる。

ということが大切だと改めて見直してみると感じる内容でした。
ご参考にどうぞ!

▲ このページのトップへ