header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

PDCAの罠。さらに飛躍する為に・・・

pdcaの罠

みなさんも、PDCAという言葉を良く聞かれるかもしれません。
また、使っているという人も多いと思います。

PDCAとは・・・
PDCAとは、P(Plan)・D(Do)・C(Check)・A(Action)という事業活動の「計画」「実施」「監視」「改善」サイクルを表しています。
*出典)http://www.mitsue.co.jp/case/glossary/i_010.html

PDCAは、事業やビジネスを飛躍させる上で本当に重要なことですが、これをやる前にあることを準備しておくとよい。というモノがあります。

それが出来ている/出来ていないでは、このPDCAの内容に大きく影響すると思います。

その準備しておく事とは・・・・

Dの数をいくつやるか?を決めておく事。

自分も含めて思うことですが、うまくいかないと思う時ほど、

・Dの数が少ない

ということがあります。

天才と呼ばれるイチロー選手でも打率は4割を超えることはありません。
10回バッターボックに立って4回ヒット打てないのです。

でも天才と呼ばれる所以は、

・何回バッターボックスに立っているか?

という、シーズンを通した総数があるからではないでしょうか?
総数、つまり母数があることで、すごいのか?すごくないのか?が分かるようになります。

・メールマガジンの反応
・ツイッターの反応
・フェイスブックの反応

どれも同じだと思いませんか?

1度や2度のテストでどうこうというより、まずは知られる仕組みがあるか?どうか?なのです。

知られるためには、Dの回数を何回すれば、チェックするに至るようになるか?を考えておくことが、PDCAをおこなう意味も出てきます。

・質の高い内容
・つながりの質を高くする
・顧客化、創造

なども当然重要な事柄ですが、そこにいたるには、

・あなたが相手から認知される

ことがあってこそ、次のステップへ上がることができます。

PDCAをする前に、Dの数について考え用意することが、
さらにあなたを飛躍させるのではないでしょうか?

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

▲ このページのトップへ