header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

mixiページ、検索に強い?そのSEOの結果と理由

mixiページ、検索に強い?結果発表

8月31日により始まったmixiページ。
mixiページを制作する1つの理由として挙げられている

・検索にヒットする

という内容について、本当の所どうなのか?をテストしてみました。
その内容を掲載致します。

検索にヒットさせる為には、ビックキーワードよりもスモールキーワードで制作した方が、検索結果に上位表示させやすいことから、

・mixiページは「スモールキーワード」

で制作しました。

その2、mixiページだけ作成する以外に、同じスモールキーワードで、

・Facebookページ
・Twitterアカウント

も作成しました。

その3、入力する内容は最低限にとどめ、画像は入れないようにした。

という条件下の元、各ページを作成しました。

スモールキーワードは、私が開催している「はじめてのソーシャルメディアSEO」という内容に合わせて、

「スモールキーワード集客」

というキーワードにしました。

スモールキーワード集客 
mixiページ
Facebookページ
Twitterアカウント

そして、その検索結果が、以下の通り

「スモールキーワード集客」の2011年9月6日検索結果 - Yahoo!検索

2011年9月6日、「スモールキーワード集客」での検索結果

・mixiページ 1位
・Facebookページ 2位3位
・Twitterアカウント 20位以下(それ以下は調べていません。)

という結果になっています。

そして、2011年10月5日現在

・Facebookページ 1位
・Twitterアカウント 2位

そして、

・mixiページ 7位

という結果になっています。

1位表示できたのは、始めの数週間でその後は、ツイッター、Facebookに抜かれてしまったという結果になりました。この結果を踏まえて、なぜ上位表示したのか?という考えをここにまとめたいと思います。

まず始めに、上位表示した理由として、グーグルプラスで呟いたことがポイントになります。

以下の画像をクリックしてみてください。

画像

この1位表示時のアドレスをみていただくと、

「sgp.cm」

という短縮アドレスでインデックスされていることが分かります。

このsgp.comは、スタートグーグルプラスというエクステンションを使って、グーグルプラスからURLを入れた投稿されると、この短縮アドレスを利用することになります。

つまり、グーグルの検索結果に表示さるためには、グーグルプラスから投稿した方が良いと分かります。

2つ目のポイントは、この短縮アドレスが表示された場所です。

グーグルプラスやFacebookページは、ある程度長いURLがポストされても、ちゃんとそのアドレスを表示する事が出来ます。この短縮アドレスが使われる場所は、「ツイッター」です。

皆さんもご存知の通り、ツイッターは140字しか入力できません。ホームページアドレスを掲載する場合、アドレスを短くして入力する方法が使われます。

今回1位表示したmixiページの件は、グーグルプラスの投稿からツイッターへ投稿されたものがsgp.comという短縮アドレスに変えられ、、グーグルの検索結果1位に使われたと考えることができます。

つまり、1位表示するためのコツは、スタートグーグルプラスを使って、グーグルプラスからツイッターへ投稿すると良い結果が出やすいということです。

ブログを更新したり、ホームページに新しいページを作った際は、ぜひこの方法で投稿してみてください。

検索結果に上位表示されやすくなると思います。

▲ このページのトップへ