header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

ソーシャルメディアができる人とできない人の違いとは?

 

ソーシャルメディアができる人とできない人の違いとは?

「できる人」と「できない人」

その差は、継続できる。続けられるか?というのがその違いの1つです。

つまり、ソーシャルメディアができる人になるには、継続し続けることがポイントになるということです。

しかし、

ツイッター
Facebook
グーグル+
mixiページ

と複数のソーシャルメディアが出現した今、どのようにすれば継続できるのか?やみくもにやっても良い結果が出る可能性は低いと言えます。

複数のソーシャルメディアを使いこなすためには、どのようにすればよいのでしょうか?

人に知らせる為の仕事は2種類あるのを皆さんはご存知のはずです。

それは、

広報
営業

です。

ソーシャルメディアの使い分けしていますか?

ツイッターやFacebookという媒体で使い分けをするのも1つのやり方でだと思います。

また、Facebookの中で広報と営業と使い分けることも1つのやり方です。

この広報と営業の使い分ける仕組みを考えておくと、ソーシャルメディアを継続して使い続けることができるようになります。

担当が一人であれば、これが全部ごちゃまぜになってしまいがちです。

広報的な使い方
営業的な使い方

皆さんも、ソーシャルメディアの使い分けという考え方、一度考えてみてはいかがでしょうか?

▲ このページのトップへ