header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

ソーシャルメディアとSEOの関係性は、非常に・・・・

全国を回り、いろいろな人たちとツイッター談義に花が咲きますが、ソーシャルメディアとSEOの関係について議題になることがあります。

私的な意見・駄文ですがご容赦ください。

そもそも検索エンジンの目的は何でしょうか?

広告を沢山表示したり、
利用者にとって無意味な情報を出したり、
欲しい情報が100番目に掲載されるなど、

利用者が必要としない情報を検索結果として表示することが、検索エンジンの目的ではないと思います。

・検索する人に「求めてられている情報を提供する」こと

求められている情報とは、検索されている人によってさまざまです。分かっていることは、過去のWEBデータによって蓄積された結果を求めている訳ではないということです。

例えば、芸能人のファンの方が作ったホームページが10年以上あったと過程して、その芸能人の公式ページが最近出来た場合、検索エンジンはその最近出来たばかりの公式ページを検索結果の1番目に表示することが適当であると判断しますよね。

しかし、現在のインターネット上の情報データの増加スピードや、クローラー等のデータ収集による検索結果への対応スピードを考えると既存の方法では検索結果への反映の鈍化は否めないと考えます。

Google Instant というサービスが開始されましたが、検索結果表示が速くなっただけで、検索エンジンのデータ自体の集め方の根本が変わっているわけではないと思います。

そこで、リアルタイムなソーシャルメディアの登場と考えます。

ツイッターやフェイスブックなど、今までは見る側だった消費者が、情報発信側にもなるバイラルという巻き込みにより、その情報を取りこむことで、過去データに依存しない検索ができるようになってきました。

過去データに依存しないソーシャルメディアのデータを組み込むことが、

・検索する人に「求めてられている情報を提供する」こと

へ、また一歩近くなるのではないでしょうか?

そう考えれば検索エンジンも、ソーシャルメディア上にフィードされるデータに頼る部分があると考えれば、ソーシャルメディアとSEOの関係は、非常に高いと考えられるのでないでしょうか?

そうであれば、SEOに取り組んでいる方は、ソーシャルメディアにも取り組んでいく必要があると考えます。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

▲ このページのトップへ