header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

フェイスブックのビジネス活用を読み解く

ノブ横地おすすめ!セミナー情報
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2011年6月30日 :【満員御礼】はじめてのソーシャルメディアSEO2 in 名古屋
2011年7月5日〜:ソーシャルメディアカレッジ第2期
2011年7月14日:【満員御礼】女性のためのfacebook活用セミナーin東京
2011年7月15日:【福島県いわき市】ソーシャルメディアセミナーinいわき市 Part1
2011年7月19日:はじめてのソーシャルメディアSEO2 in 東京
2011年8月3日:女性のためのfacebook活用セミナーin大阪【男性も大歓迎】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Facebookの企業ページ、「いいね!」を押した人の3割以上が商品を購入 (RBB TODAY) - Yahoo!ニュース_1309077547999

画像クリックで該当ページへリンクします。

お客様を知る事ができれば、ビジネスチャンスをつかみ取る確率は高くなります。

フェイスブックのビジネス活用は、時期尚早か?それとも今なのか?
この考え方1つで、どの程度の力をフェイスブックへ投入するか?が変わってきます。

2011年6月22日、ヤフーニュースに「Facebookの企業ページ、「いいね!」を押した人の3割以上が商品を購入」という記事が掲載されました。

フェイスブックという媒体から「商品を購入する利用者」がいるということが分かります。

まだまだ、はじまったばかりである「フェイスブック」。ツイッターやMixiと比べてもユーザー数が少ないことは確かです。

しかし、実名性という他のソーシャルメディアには無い「魅力」もあります。

ビジネスをするにあたって、

・お客様の顔が見える(実名)
・居住地
・仕事/趣味

など、お客様の姿がイメージできれば「モノが売りやすく」なります。

それは、ターゲットが分かりやすいから。
ターゲットに売れるものであれば、売れば良いし、売れないのであれば、他の商品を売れば良いだけです。

Facebook、位置情報と連動したクーポン提供サービス「Check-In Deals」日本語版を公開 | RBB TODAY (ブロードバンド、回線・サービスのニュース)_1309087642679

画像クリックで該当ページへリンクします。

「Facebook、位置情報と連動したクーポン提供サービス「Check-In Deals」日本語版を公開」

また、このような位置情報サービスも始まりました。
クーポンを使って来店させ、消費行動をおこさせようという仕組みです。

フェイスブックは、仕事場、居住地というセグメントを持っているので、実際の利用者数だけでなく、各地域にどのくらいのユーザーがいるのか?も把握しています。

全国を相手にしなくても、ローカルでも集客できる仕組みを提供しています。これからは、地域の中小企業や店舗でも使えるようになるのではないでしょうか?

魚のいない所に、釣り糸を垂れても魚は釣れません。しかし、そこに魚がいるのであれば、「釣り方」を正しくセットすれば釣ることが出来るはず。

このフェイスブックは、

・実名性であること
・情報がセグメントされている

そして、

・それが公開されている

という媒体です。

ビジネスをしている人にとって「どれだけ分かりやすい/テストしやすい」媒体であるかが分かると思います。

ネットビジネスをしているのであれば、ビジネス観点からフェイスブック利用を考えてみてはいかがでしょうか?


ツイッター/フェイスブックページをビジネスに活用するために、ソーシャルメディアSEOを体験して頂ける機会を設けました。

6月30日:名古屋(若干名のお席を空けました。)
7月19日:東京

ご興味のある方はご参加よろしくお願いします。

また、これらを座学ではなく、ワークショップ形式で体系的に学べる場所を提供しているのが、

NTTLS ソーシャルメディアカレッジ第2期

です。

ソーシャルメディアカレッジ第2期募集
ソーシャルメディアカレッジ第2期募集

ソーシャルメディアカレッジでは、情報の提供をするだけではありません。

・仲間の大切さ、共に成長すること
・インプットとアウトプット
・情報の共有、ネットワーク

これらを体験、共有する場所を提供します。
そして、ライバルよりも一歩先を「ソーシャルメディアカレッジ」で目指しましょう。

皆様とお会いできることを楽しみにしています。
参加お待ちしております。

NTTLS ソーシャルメディアカレッジ第2期

▲ このページのトップへ