header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

2016年6月のアーカイブ

SNSでも「悩みごとを「捨てる」という考え方」

悩みごとを「捨てる」という考え方

リアル世界だけでなく、
悩みはネット上にもある。

特にSNSという世界は人と人がつながっていることもあり、SNS上での悩みはリアル世界と同じようにあるのではないだろうか?

そして「悩みごとを「捨てる」という考え方」という記事と出会って、
それをSNSに当てはめて考えてみることに。

もっと見る

トライアンドエラー、ダラダラしないSNSの活用していますか?

Twitter、絵文字ターゲティング広告開始

皆さんは覚えているだろうか?

ツイッターが広告戦略を転換、購入ボタン断念新たな広告収入の期待かなわず

という記事が3週間前に出ている。

ツイッターが絵文字ターゲテイング広告を始めた。

その意図を考えてみた。

もっと見る

変更の意図を考えよう〜運営会社を味方に!

Facebook、Messengerのデザインを改訂

SNSを活用したい。
活用するにはどうすれば良いか?

多くの人は、

フォロワーを増やす。
友達やいいね!を増やす。
読者を増やす。

ということを考えがちですが、
実はそれが答えではありません。

実はそれ以前のところに答えがあったりします。

もっと見る

ただより高いものはない? ~ 意識してネットしますか?

FacebookがPOSシステムと連携、ユーザーの来店と購入までトラックできるように

インターネットは無料?
ソーシャルメディアは無料?

無料のように見えるものでも、
どこかで収益を上げている。

それは誰でもわかること。
無料なのは、どこかで有料があるから。

SNSは無料に見えるけど。
どこが有料になっているのか?

もっと見る

テツandトモの「スゴすぎる地方営業の戦略」から学ぶSNSの活用〜つながらない技術

テツandトモの“地方営業の戦略”がスゴすぎる「毎日新ネタをやっているようなもの」

何でだろう〜♪
なんでだろう〜♪

と書いただけでも「テツandトモ」の名前出てきませんか?

わかりやすく覚えやすいリズムネタ、
一発屋というイメージが強いですが、
実は引っ張りだこなタレントさん。

彼らから学べる「SNS活用」とは?

もっと見る

SNSで注意すべき相手は「運営会社」〜つながらない技術

Instagramの新アルゴリズムがライブに―いちばん興味を引く写真をトップに表示

3/29の記事では今後数カ月後に順次提供。とされていたInstagramの表示変更が、ついにやってきた。

今までの表示から変わる。
その変更内容は利用者にはわからない。

SNSを利用するというのは、
フォロワーや友達だけを相手にするだけでではない。

運営会社の動きも考えて利用するべきなのだ。

もっと見る

人だけでなく システムからも読まれていることを理解しよう〜つながらない技術

Googleの新メッセージアプリで、人は感情を失う

ソーシャルメディアは人と人とのつながり。

このつながりが少し違う方向へ進んでいる。
人だけでなく
システムからも読まれている。

facebookでは、
チャットボットという機能が公開された。

人ではなくシステムが
返事をするというものだ。

人と人ではなく、人とシステムという「つながり」が始まる。

もっと見る

譲れない意地がある。SNSでも同じ〜つながらない技術

文字サイズ 浅野 PK譲らず代表初ゴール

SNSを使う。

理由はいろいろ
人それぞれ

あなたが活用すべき方法は
あなたが決めること。

他の人が決めることではない。

もっと見る

「コーヒーチェーン」のグループ系列店から学ぶ「SNSのビジネス活用」〜つながらない技術

なんとなく知っておきたい? 「コーヒーチェーン」のグループ系列店まとめ

・ドトールコーヒーショップ
・EXCELSIOR CAFFÉ(エクセルシオール カフェ)
・café COLORADO(カフェ コロラド)
・LE CAFE DOUTOR(ル カフェ ドトール)
・CAFE LEXCEL(カフェ レクセル)
・cafe Muka Meadows(カフェ マウカメドウズ)
・BARISSIMO(バリッシモ)
・星乃珈琲店

上記のコーヒーショップって同系列であること知っていました?

なぜ、違う名前でなぜやるのか?

今回はコーヒーチェーンからSNSの活用について
考えてみることにしてみましょう。

もっと見る

facebookはおじさんしか使わない?〜つながらない技術

facebookはおじさんしか使わない?

「フェイスブック」「 おじさん」

上記のキーワードで調べてみると
出てくる出てくる。

facebookはどうやら若者には人気が無いらしい。

本当にそうだろうか?ということで、いろいろな記事を読んでみると。

ある記事と遭遇。

もっと見る

▲ このページのトップへ