header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

2016年2月のアーカイブ

ネット広告が前年比110.3%、ネットが見られているからこそどう使うか?

4マスは前年比マイナス、ネット広告が前年比110.3%と明暗分かれる【電通、2015年日本の広告費】

毎年のことだが、
いろいろなデータが出てくる。

今回は「広告費」に関するデータ。

2015年日本の広告費はどうだったのか?

もっと見る

お金の流れ〜仮想通貨へ〜時代が変わる。SNSのビジネス活用

仮想通貨を「貨幣」認定 金融庁、法改正で決済手段に

物々交換から貨幣へ
貨幣から紙幣へ
紙幣から小切手(手形)へ
小切手(手形)からクレジットカードへ

そして仮想通貨へ

お金の流れが変わる。

もっと見る

Youtube動画のモザイク処理機能がすごい。動画活用が増えるかも?

YouTubeの新しいツールは動画中の任意の対象にオンラインでモザイクをかけられる

動画の時代。

という言葉はこのブログでも何回も使われていますが、
動画の難しさは「編集」。

せっかくの動画も見せられないもの。
モザイクをかけられたら!

と思っていた人に朗報!

もっと見る

検索はグーグルだけじゃない〜検索SNSも検索としての利用へ〜

【検索】SNSは「誰が言ったか」、検索エンジンは「何を言ったか」が重視されます

SNSはコミュニケーションツールというイメージは強い。

それ以外の使い方はあるのか?というと、

ビジネス活用

というのをあげている。

そして今回は「検索として利用」という使い方

もっと見る

良い記事を書く。だけではダメ、変化に対応しよう。

Google、モバイルの検索結果でロードが速いAMP対応ページを優先表示

いつも言っていることに、

運営会社を味方につけること。

という話しがある。

どれだけ真面目に使っている。利用していても
「ルール」を無視していてはダメということ。

そして、今回グーグルがルールを変えるようだ。

もっと見る

使うべきアプリ/ダメなアプリを確認しよう〜SNSでビジネス活用したいなら〜

「ゲーム」から「ネット」の人に——グリー元取締役・吉田大成氏の分散型動画メディアは月間3000万再生に成長

スマホで人は何をしている?

そのスマホの使い方を理解すれば、
スマホでのビジネス活用もうまくいきそうだ。

そこで今回の記事を紹介します。

もっと見る

マクドナルドの二世代戦略から学ぶ、ネットビジネス戦略

小中高生の携帯・スマホユーザー、3割がネット上で小遣い稼ぎ、高校生では男子8割・女子7割

子ども味を覚えてもらえれば、大人になっても食べに来る。という二世代戦略がマクドナルドにはある。

ネットで物を買ったり売ったりすること
これからの世代はどうしているのか?

これからの世代の動きを知ることも
これからのネット販売には知るべきこと。

そんなデータの話が今回の話。

もっと見る

【facebook動画が使える】かもしれない理由

Facebookがビデオの視聴成績を表す数値項目を増加、ユーザーにより良いビデオを作ってもらうため

動画といえば、Youtubeという人多いかもしれない。
しかし、これからはfacebookになるかもしれない。

その理由は、facebookの動画が好調だからだ。

Facebookの動画はウォールを閲覧している際に自動再生されるため、再生回数が多いのではないかとも思ったのだが、完全視聴率も40〜50%と高い。「1分前後の長さで、見たあとに『有益だ』と思える内容であれば最後まで見てもらえる。コンテンツは受け入れられている」(吉田氏)

引用:「ゲーム」から「ネット」の人に——グリー元取締役・吉田大成氏の分散型動画メディアは月間3000万再生に成長

という話もあるくらいだ。
そして理由はこれだけではない。

もっと見る

PCよりもモバイルに合わせる「サイト作り」へシフト、グーグルの決断

Google、ウェブ検索結果右側の広告枠を廃止へ

グーグルの表示方法が変わる。
広告の表示方法が変わる。

グーグルの決算発表を見てもわかるとり、グーグルの主な売り上げは「広告」であるにも関わらず、その広告の表示枠が変わるという。

その変更の理由は・・・

もっと見る

これからの個人間の購買行動/購買スタイルをPayPalから学ぼう〜

スマホで簡単かつ素早く知り合いとお金のやりとりできるようにPayPalアプリがデザイン変更されたので使ってみた

PayPalが最近いろいろと変化してきている。

先日の記事「コンテクスチュアルコマース、その意味は「インターネット上で即座に購入を実行するよう促すツール」という内容で、PayPalはどこでもモノを購入できるようにしようとしている。と書きました。

そして今回は「PayPal自身のアプリを更新」ということで、何が変わったのか?をチェック〜

もっと見る

▲ このページのトップへ