header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

2015年12月のアーカイブ

ウィキペディアの正しくない使い方

これは天才! コンサートでステージ裏に入るのにウィキペディアを使った男

ウィキペディア(英: Wikipedia)は、ウィキメディア財団が運営しているインターネット百科事典。コピーレフトなライセンスのもと、サイトにアクセス可能な誰もが無料で自由に編集に参加できる。世界の各言語で展開されている。

引用:ウィキペディア

情報を調べる上で、インターネット百科事典と呼ばれる「ウィキペディア」を利用する人も多いと思います。

その百科事典を使ってあることをした人が話題になっています。

もっと見る

ツイッターも140文字から画像投稿の時代へ??

Twitter、画像をトリミングせずにそのまま表示、複数写真もレイアウトを変更

ツイッターは140文字のソーシャルメディアという感覚で利用されている人も多いと思います。

実際にフィードを見たりすると、140文字以外に画像や写真を貼り付けて投稿している人も多い。

そして今回、ツイッターはその画像/写真投稿の表示方法を変えた。

もっと見る

アップル社自らがiPhone6シリーズ向けバッテリーケースを発売の理由を考えてみた。

アップル、iPhone 6シリーズ向け「Smart Battery Case」--ネット利用は最大18時間に

スマーフォンの問題の一つが、バッテリー切れ。

多くの方がバッテリ切れに対応するために、モバイルバッテリーを持っているという人も多い。

そして遂に、アップル社自らがiPhone6シリーズ向けバッテリーケースを発売した。

その理由を考えてみた。

もっと見る

2015年に話題になったキーワード、皆さんのキーワードを考える。

2015年上半期、話題になったキーワード

毎年12月になると流行語大賞など、
その年に流行ったキーワードが発表されます。

実は半年前、グーグルは「2015年上半期、話題になったキーワード」を発表しています。

半年、たった6ヶ月ですが、半年前に流行ったキーワード。覚えてますか?

もっと見る

ウィルス、スパイウェア、スパム対策、そしてもう一つの対策

[ウェブサービスレビュー]未知のURLの安全性をチェックできる「Zulu URL Risk Analyzer」

ソーシャルメディアを利用するようになると、いろいろな情報が目の前に表示されるようになる。

興味があるもの
興味がないもの

情報は、自分に興味がある無いにかかわらず流れてくる。

そして、その中の幾つかに興味を持つことで、
その情報へ私たちはアクセスしている。

もっと見る

楽天が商品レビューに関するルールを変更

楽天、「レビューで値引き」禁止

ルールは変わるもの。

インターネットの世界もルールは当たり前のように変わる。その変化に対応することがビジネス活用するためのポイントの一つ。

ルール変更も、運営会社のルール変更もあれば利用者用のルール変更もある。

今回の記事は、楽天市場のレビュー記事に関する変更の話。

もっと見る

良いことは言われたい。反応が欲しいのがSNS

Twitterの世界で(ランダムに)好意を届ける「@TheNiceBot」

ソーシャルメディアをしていれば、
いろいろな意見と出会う。

直接言われることもあれば、
間接的に見えることもある。

反応があって、それが良い意見なら嬉しいですよね。

しかし、そういうことばかりでもないのがSNS

もっと見る

失敗から学べることもある。米ヤフーの失敗とは?

米ヤフーの7つの大失敗を振り返る

ヤフーという名前を聞いたことがある人は多いだろう。

日本はヤフージャパンという別会社で運営されているので問題はありませんが、
アメリカのヤフーが窮地に立たされている。

なぜ上手くいっていないのか?

成功だけでなく、失敗からも学べることとは何か?

もっと見る

【新機能】facebookのライブビデオ機能〜親しい人がキーワード

Facebook、ライブビデオ機能を全ユーザーに公開、写真とビデオのコラージュも

テキストよりも、写真、そして動画へと情報の見せ方が変化している。

写真よりも、動画の方が多くの情報を提供できる。
そして、動画視聴間は他のことをしずらくなる。

動画を見せること=注目されやすい。ということを意味する。

動画配信、facebookも既に一部でスタートさせていた「ライブビデオ機能」が、facebookの一般ユーザー、先ずはアメリカのiOSユーザーから使えるようになると発表された。

facebookはライブビデオ機能をどう活用しようとしてるのか?

もっと見る

ネットサービスが「なぜテレビCMを流す」のか?

WEBサービスのテレビCMが増えている『逆流現象』について考えてみた:ネット企業がCMでキャズムを超える際に知っておきたい話

インターネットとテレビの関係というのを考えてみると、

視聴者の取り合い

というようなことを考えてします。

というのも、いろいろな所で勉強会の参加者の人から「最近テレビを見なくなった」という話をよく聞くからだ。

テレビ視聴からネット利用へ

もっと見る

▲ このページのトップへ