header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

2015年11月のアーカイブ

人のつながりは替わる。見たくなくなる情報もある。

Facebook、元カレ元カノの記録を調整するための新ツールを公開

僕がfacebookの魅力の一つとして挙げている機能の一つに

交際ステータス

というのがある。

facebookがSNSで一番に慣れた理由、インフラとして利用されるようになった理由は「交際ステータス」が大きな役割を果たしたと思う。

しかし、この「交際ステータス」がfacebookに悪影響を与えるようになっているようだ。

もっと見る

記録に残るコミュニケーション。残らないコミュニケーション

Facebook Messengerが読んだら消えるメッセージを実験中…人間の日常生活の会話を模倣

電子メールは手紙
ブログは日記
スカイプは電話

という表現をすることがある。

では、LINEやメッセンジャーは何と表現するのが良いのだろうか?

もっと見る

SNSはどこで拡散するかわからない。

SNSで調子に乗って独立したフォトグラファーの1年目の現状

ソーシャルメディアは自分だけのメディアではない。

いろいろなところでお話せていただいている。シェアやリツイート、ソーシャルボタンなどによって情報が拡散するからだ。

その拡散はソーシャルメディアユーザーの行為によって発生するものであり、投稿した本人のみ力でそう起きるものではない。

また、本人がソーシャルメディアを利用していなくても、ソーシャルメディアに情報が拡散される場合もある。

もっと見る

NTTの公式Instagramアカウントから学ぶ、ソーシャルメディアの活用とは?

NTTが公式Instagram開始、赤電話や黄電話、電波塔、とう道、マンホールのふたなどの写真を投稿

最近Instagramに関する記事を目にすることが多い。

今回の記事は、NTTが公式Instagram開始という話、NTTの公式ツイッターを見てみると、確かにInstagramアカウントが紹介されている。

もっと見る

色々な意見がある。どちらも正解というソーシャルメディア考

人気インスタグラマーが突然の引退宣言! ソーシャルメディアの落とし穴とは?

人気インスタグラマーが突然引退。

今までのそれは自分じゃない。と発言し、それまでの画像を削除しインスタグラムをやめてしまった。

色々なことがあっての結論だろう。

SNSを利用していれば、
色々なことがある。

そして変化している自分自身もある。

もっと見る

SNSを1年以上使っているなら、過去投稿を見直してみよう。

「Yahoo!地図」アプリの「混雑レーダー」に新機能、過去1週間分の混雑状況を比較できるグラフ追加

ネットの情報の良いところの一つは、最新情報だけでなく「過去の情報」にもアクセスできるところ。

過去との比較や確認によって、今の方向性ややるべきことが明確になったり、過去情報にアクセスすることは重要だ。

もっと見る

消去、投稿を消すということも考える「SNSの使い方」

ツイートを削除して、Twitterをやりなおそう

スナップチャットというSNSがアメリカの若者たちに多く利用されている。

その理由の一つが投稿が削除されるというところらしい。投稿を表示すると一定時間で表示されなくなるというもの。

ツイッターやフェイスブックといったSNSは、日記のように使っている人が多く、過去に投稿した内容を削除するということをする人は少ないですようだ。

もっと見る

Googleユーザー情報、あなたはチェックした?

Googleユーザー情報

Googleユーザー情報
aboutme.google.com/

グーグルが新しい?サービスをスタートさせている。

それが「Googleユーザー情報」というもの。

グーグルのサービスを利用している人ならチェックしてしておいたほうが良いだろう。

もっと見る

ソーシャルメディアの情報発信は誰に届いている?

ノンユーザをクッキーで追跡しているFacebookがベルギーで毎日26万8000ドルを払う罰金刑に直面

SNSを利用しているのは、

友達との情報交換のため。
家族との連絡のため。

という人も多いと思います

情報が誰に届いているか?

誰があなたがメッセージを見ているか?知っていますか。

もっと見る

SNSはどうなると盛り上がるのか? 地図SNSアプリ「Logo.」から考えてみた。

廃墟・工場・秘境・鉄道・オカルトなどのB級スポットが見つかる地図SNSアプリ「Logo.」、フェンリルが開発

SNSの情報発信は「誰」がしているのか?

答えは、私たちユーザーがしている。

ソーシャルメディアは、テレビやラジオなどのマスメディアのように、制作側/見る側という違いがあるわけではない。

今回ご紹介するiPhone向け地図アプリ「Logo.」も、私たちユーザーが作り上げる地図というSNSの力を使う。

もっと見る

▲ このページのトップへ