header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

2015年11月のアーカイブ

就職活動にSNSを利用する?されていると考えてみよう。

求職活動でのSNS活用割合、日本は26%にとどまる

SNSが日常生活に利用するようになってこれば、就職活動にもSNSを利用するということも考えることができるだろう。

過去にもブログやツイッターを就職活動に使うなどという記事があったと思うが、今回の記事の内容はそういう就職活動の使い方ではなく、普通の就職活動のでのSNSの利用について。

もっと見る

無料Wi-Fiがいろんなところで提供されているからこそ、ビジネスとして準備しておくべきこと

大田区も官民連携で無料Wi-Fi、「OTA CITY FREE Wi-Fi」12月から提供開始

今いろんな場所で、無料Wi-Fiが利用できる環境が整ってきた。

理由は様々だが、2020年のオリンピックに備えてということで、利用できるようにする自治体も多い。

この無料Wi-Fiが利用できるようになってくるからこそ、準備しておきたいことがある。

もっと見る

大人には分からない若年層のSNSビジネス活用の難しさ

LINEやFacebookを仕事で使うことに半数近くが抵抗感

ソーシャルメディアの活用、ビジネス活用の話をすると

ビジネスには使えない。
ソーシャルメディアはビジネスに向かない

と言われる人がいます。

その理由の一つが、プライベート利用だから。というのがあります。

もっと見る

今が楽しければ良い。というSNSの使い方は、やめておいた方が良いだろう。その理由は?

Google、「忘れられる権利」の状況を可視化する「透明性レポート」更新、Facebookへのリンクを1万件以上削除

SNSはどんなメディア?

日記?
コミュニケーションツール?
個人的なメモ?

どのように使うか?は人それぞれ、そしてSNSに投稿した内容について人はどう思うのか?考えているのか?

もっと見る

広告か?情報か?利用者がどういうものの見方でネットの情報と接している?

若いデジタルネイティブ世代はGoogleの検索結果と広告との区別が付かないことが調査で明らかに

スマホが普及し、一人一人がインターネットに簡単にアクセス出来るようになった。

いろいろな情報に簡単に接することができるようになったのは良いことですが、一方で情報過多であることが問題になっている。

そして、その情報に触れる機会が多いのが若者。

最近ではテレビよりもYouTubeの方をよく見たりするという若者たち、Googleの検索結果と広告との区別が付かないというのが記事。

もっと見る

高齢者のスマホ利用者をターゲットに情報発信してみよう。

“スマホは公共インフラ”、61の自治体がスマホ活用を本格検討へ

ソーシャルメディアは一人一人のメディア、みんなが利用しているもの。そのソーシャルメディアはスマホで利用している人が多い。

そんな話でソーシャルメディアの話をする場合があります。

ソーシャルメディアが一人一人のメディアである理由は、スマホが一つの理由です。

もっと見る

人気がある。ない。に関わらず、複数のSNSを利用しよう。

ご注意! 企業向けチャットサービスのSlackに不具合発生中

インターネットは便利なツールだが、
完璧なものではない。

不具合がつきもの。

必ず正しく動作するものではない。と言う前提で使うべきである。

もっと見る

SNS上の情報発信は、誰のため?誰に向けてかを考えよう。

情報源はYouTube 外国人が訪れる“ニッポンの珍名所”〈週刊朝日〉

飲食店
映画館

いろいろなところに出かける前に

「ネットで情報をチェックすること。」

当たり前にするようになっていないだろうか?

しかも、その情報はメディアが書いたものではなく、一般のユーザーが書いたレビューでチェックすることも当たり前になってきている。

もっと見る

SNSの情報に騙されないようにするためには?

子どもたちはますます、ネット上の情報に騙されやすくなっている…イギリスの調査報告書より

ソーシャルメディアを利用するようになると、今までよりも多くの情報と接するようになった。

リツイートやシェアによって、友達の近況を知るだけでなく「それ以外」の情報が入ってくる。

それらの情報をどのように受け取るかは、受け取る私たちの判断によるものだがそれらを拡散することには気をつけておきたいところ。

もっと見る

10代がもっとも信頼する情報源は「テレビ」

10代のLINE利用は“1日110分”、女子の半数がInstagramユーザー

ソーシャルメディアは色々な人達が利用している。

いろいろとはSNSの種類もあれば、性別年代様々。

自分たちの周りだけでなく、いろいろな層での利用状況を知っておくことも重要だ。

今回は年代でのSNS利用について。

もっと見る

▲ このページのトップへ