header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

2015年6月のアーカイブ

投稿するネタに困ったら「Googleトレンド」を活用しよう

Google Trendsがアップデート―リアルタイムのデータが収集されるようになった

twitterやfacebookでウケる投稿をしたいんですけど、どうしたらいいですか?

上記のような質問をされることがあります。

答えの一つは、読み手に興味のある内容、読み手が気になっている情報を提供すること。

当たり前といえば当たり前ですが、それが分からないから難しいと思った人は、ぜひ今日の記事の内容をお読みください。

もっと見る

「Yahoo!かんたん写真整理」アプリを僕が注目している理由

ヤフー、アルバムアプリ「Yahoo!かんたん写真整理」 スマホビギナー向け「かんたん」シリーズ第3弾

Googleフォトであったり、facebookが「Moments」という写真アプリをリリースしたりと、ここ最近「写真」に関しての動きがある。

そして、ヤフーが「Yahoo!かんたん写真整理」というアプリを6/17にリリース。

日本では、Yahoo!JAPANの利用が多いことは、皆さんもご存知の通り。

Yahoo!JAPANのIDをもっていれば、無料会員であれば「5G」、プレミアム会員であれば「50G」まで利用できるという。

実はこのアプリ、僕は気になっている。
その理由とは?

もっと見る

twitterが動画に対応、その理由は??を考えてみた

https://blog.twitter.com/ja/2015/0617autoplay

・動画
・vine
・Gif画像

など、動画が自動再生するようになったというtwitter社のブログ記事が更新された。

先日もfacebookがGifアニメに対応するなど動画対応する中、twitterもバージョンアップ。

理由は先日のインフラやスマホなどのハードウェアの向上などが挙げられるがそれ以外に理由はないのか?

もっと見る

写真共有アルバム「Moments」の使い方を考えてみた。

Facebook、顔認識利用のプライベート写真共有アルバム「Moments」

facebookが「Moments」という新しいアプリをリリース。

内容は、友達と簡単に写真を共有するアプリです。

facebook関連だけでも、メッセンジャーをはじめとして、FBページ/FBグループなどなどアプリがリリースされているが、また一つ別の独立したアプリの誕生だ。

その理由はなぜだろうか?

もっと見る

ゆるいつながり。はビジネスに繋がる。

自分のネットワークでもっとも価値のある人々とは?

弱いつながりであったり、以前は強いつながりがあったのに連絡をとらなくなってしまった人も自分にとって価値ある人と考えることができます。「強いつながり」の人とは、距離が近いせいで、斬新さは味わえないかもしれません。また、身近な人とはすでに多くの知識や視点を共有していると思います。対して、「弱いつながり」にある人は、目から鱗のような新鮮なモノの見方を持っている可能性があるのです。

引用:自分のネットワークでもっとも価値のある人々とは?

ソーシャルメディアはゆるいつながり。という言葉で表現されることがあります。

この「ゆるいつながり」がなぜビジネスにつながるのか?面白い視点の記事を見つけましたのでご紹介します。

もっと見る

簡単に最高(納得)の写真を撮る方法

Androidのカメラアプリアップデート、ベストショットを自動的に選んでくれます

ソーシャルメディアに投稿する写真の写り方気になりませんか?

特に自分撮り=セルフィーの場合、写りが良い方がイイ!*に決まっています。*僕の場合は^^;;

いい感じで写真に収まるには、
いくつか方法があります。

一つは、写り方(ポーズ)を決めること。

毎回同じポーズで映るのですから面白味や新鮮味は少ない分、安定して納得の写真写りになります。

そしてもう一つの方法が、機械に任せる方法。

もっと見る

数字(ダウンロード数)で考えるソーシャルメディアのビジネス活用

メッセージはFacebookの一人勝ち―Messenger、Google Playでのダウンロードが10億回に

物事を数字で見ると分かりやすいことがある。

SNSではユーザー数という数や、MAUというアクティブユーザー数を見せることでSNSの成長/規模をイメージさせやすくすることができる。

それ以外にも方法がある。

SNSのアプリダウンロード数である。

ダウンロード数=ユーザー数

とまでは考えることはできないが、ダウンロードされた数が多ければ、利用者数も多いと考えることができるし、少なければ、そもそもの利用者数が少なそうだ。

もっと見る

ソーシャルグラフを使った機内誌が面白い

殆ど読まれない飛行機の機内誌。全ての乗客が持ち帰りたくなった、素敵なアイディアとは?

ソーシャルメディアと飛行機に乗ること。の共通点はなんでしょう?

いきなりこんな質問で、いったい何を言っているんだろう?と思われると思います。

飛行機に乗るには、名前、性別や年齢を伝え搭乗者が誰であるか?を特定することができます。

それと一緒で、ソーシャルメディアには「ソーシャルグラフ」という一人一人の個人情報があります。

それを使って、ブラジルの航空会社である「TAM航空」は、THE OWNBOARD MAGAZINEという「あなた専用の雑誌」を作ったそうです。

もっと見る

ルールは変わる。ツイッターのDMが140文字以上へ

Twitterのダイレクトメッセージから140文字制限が消える

ルールは変わる。ツイッターが変わる

ツイッターは140文字のコミュニケーションツール。それが変わろうとしている。

もしかするとすでに変わってしまっているのかもしれない。

ツイッターのスタート時点は、純粋に140文字のコミュニケーションツールだった。

写真すら一緒にツイートすることができなかった。

それが今では写真も同時にツイートできるようになっただけでなく、今回は140文字以上のコミュニケーションが可能になるという。

記事によれば、通常のツイートは140文字ですが、DM、ダイレクトメッセージは140文字以上書けるようになるという。

今更なぜなのか?

もっと見る

facebookの終焉を予測するには? 歴史から学ぼう

見えてきた次世代SNS…伝説の日本人プログラマーが予感した変化とは?

SNSが利用されるようになっても、まだまだメルマガも健在。

メールを整理していたら「近づくFacebookの終焉と、次世代SNSの台頭」というメルマガタイトルを見つけたので読んでみた。

まだまだ、メルマガ見ちゃいますね。

メルマガの話はまたするとして、タイトルは「facebookの終焉」だったのが、読みにいった記事のタイトルは「見えてきた次世代SNS…伝説の日本人プログラマーが予感した変化とは?」でした。

「終焉」と「見えてきた次世代SNS」

出口と入口、みたいな感じなタイトルの見せ方面白いと思いました。

もっと見る

▲ このページのトップへ