header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

2015年5月のアーカイブ

Apple Watchがアップデート、新しい絵文字の表示サポート

Apple Watch、初のOSアップデートが公開

Apple Watchが発売されてからいろいろなレビューがあって、いろいろなことがブログやソーシャルメディアで発言されていた。

そして今回、Apple Watchが初めてのアップデート。

いろいろな変更がある中で僕が注目したのが、

新しい絵文字の表示サポート

です。

もっと見る

Amazonの新戦略:Amazon以外のECサイトで決済できるサービスを考えてみた。

Amazon以外のECサイトでもAmazonアカウントでログイン・決済できるサービス、日本でも開始

本のタイトルを入れると、必ずと言っていいほど「Amazon」が一番目に出てくる。

僕の本のタイトル「ソーシャルメディアの流儀」を検索すると、著者の僕のサイトよりも、Amazonが上に出てくる。

それ以外にも1クリックでモノが買える。という仕組みがあったりと、日常からAmazonでモノを買う人も多い。

そのAmazonが

・販売方法を変える

という。

これからは、Amazonの外で、Amazonのアカウントを使って決済できるという。

なぜ、Amazonがこの販売方法を取るのか。を今回は考えてみました。

もっと見る

Bingも「モバイルフレンドリー」計画中〜スマホサイト対応へ

変わる検索アルゴリズム ― Bingも「モバイルフレンドリー」ページのランクアップを計画中

検索エンジンは、グーグルだけじゃない。

Yahoo!Japanという検索サイトもあります。そして、Microsoftが運営する「bing」という検索サイト。

we have seen that mobile users are able to satisfy their information needs much faster on searches that return more mobile-friendly results. With that in mind, we will be rolling out mobile friendliness as a signal in ranking.

引用:Our approach to mobile-friendly search

今回はこの「bing」という検索サイトも、スマホに対応しているサイトかどうかを検索結果に取り入れるという。

もっと見る

キャノンが「あなたのフォトブック」を販売してくれる?「オンザマーケット」公開

出品料なし--キヤノン、自作のフォトブックを気軽に販売できる「オンザマーケット」

キヤノンマーケティングジャパンは5月14日、自分のフォトブック作品を無料で出品し自由な価格で販売できる「オンザマーケット」を開始した。同社が運営するオンラインフォトブックサービス“PHOTOPRESSO(フォトプレッソ)”の新サービスだ。

〜中略〜

ジャケットや帯が付いた「本」のような装丁のフォトブックで、製本料金は1冊あたり1750円/40ページからとなっており、40ページを超えた場合はページが増えるごとに2ページ単位で52円ずつかかる。

引用:出品料なし–キヤノン、自作のフォトブックを気軽に販売できる「オンザマーケット」

今回のケースは、キャノン。

プリンターやEOSなどのデジタルカメラで有名な企業が、フォトブックのサービスを始めるという。

そこから何を学べるか?

もっと見る

ECサイトもスマホ対応へ、そこから何を学ぶか?

Amazonじゃダメ? ギフト特化キュレーション参入のトレンダーズに勝算を聞く

新しいサイトやリニューアルされるサイトの多くが、スマホ対応ということが記事に書かれている。

Anny magazineで気になったギフトは、7月に公開予定のiPhoneアプリ「Anny Now」で贈れる。

引用:Amazonじゃダメ? ギフト特化キュレーション参入のトレンダーズに勝算を聞く

ヤフーは、5月13日にiPhone/iPod touch版「ヤフオク!」アプリをリニューアルした。Android版も順次行う。

引用:iPhone版「ヤフオク!」アプリがリニューアル――トップ画面が見やすく&「かんたん取引」に対応

今はスマホの時代と言われているが、ワザワザ、スマホに対応すると書くのはなぜか?

そこから考えられることは何だろう?

もっと見る

ニュースフィードが面白くなるのか?つまらなくなるのか?Instant Articlesを開始

Facebookがメディアにユーザデータと広告収入を保証する高速ニュースサービスInstant Articlesを開始

facebookのニュースフィードに、

The New York Times
BuzzFeed
National Geographic

など、ほか6誌のニュース記事が掲載されるようになるという。

広告は、パブリッシャーが売ったものなら売上の100%がパブリッシャーへ行き、Facebookが売った広告なら、Wall Street Journalが前に報じたように、Facebookが標準定率の30%を取る。

引用:Facebookがメディアにユーザデータと広告収入を保証する高速ニュースサービスInstant Articlesを開始

ということだが、私たちにとってどんな変化があるのか?を考えてみた。

もっと見る

Facebook、追悼アカウント管理人を生前に指定できる機能を追加

Facebook、追悼アカウント管理人を生前に指定できる機能を追加

Facebookに、利用者が亡くなった後の追悼アカウント管理人を、生前に指定できる新機能が5月12日に追加された。この機能は、米国では2月に追加されていた。日本のほか、オーストラリアやニュージーランドでも提供が開始される。

引用:Facebook、追悼アカウント管理人を生前に指定できる機能を追加

facebookの機能の一つに、「追悼アカウント機能」というのがある。その機能がバージョンアップされ日本でも提供が開始されるようになる。

ここから何がイメージできるか?
みなさんはどう思いますか?

もっと見る

facebookに「リンクを追加」ボタンが実装?それが意味するところを考えて見た

モバイルアプリの「リンクを追加」ボタンでFacebookでのコンテンツ共有が楽になる

今までのリンクの追加方法は、投稿欄にそのアドレスを貼り付けることで、該当ページが読み込まれるような方法だった。

それが、写真や位置情報追加の隣に「Add A Link(リンクを追加)」ボタンが追加される予定(既にあるiOSユーザーもいるらしい)とのこと。

記事によれば、この機能の詳細は近い将来公表するとの回答がfacebook社から来たとのこと。

もっと見る

▲ このページのトップへ