header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

2015年3月のアーカイブ

サッカーは一人でするものではありません。何人でするの?

サッカーパス

サッカーを見ていて少し思うことがありました。

それは、得点の入れ方。

ざっくりいうと、得点の仕方は「2種類」あるということ。

・自分でシュートする
・パスに合わせてシュート

この2パターンです。

この2つの違いをソーシャルメディアの活用に当てはめて考えてみよう。

もっと見る

なぜ?【そのSNSを使っていますか】あなたの答えは?

勉強

なぜそのSNSを利用していますか?

勉強会やセミナーで参加者の方へ質問してみると、

友達が利用
友達のススメ

という「友達」がキーワードになっているようです。

ソーシャルメディアとの出会いは「友達」であったわけですが、あなたのソーシャルメディアを活用するイメージは、

・友達とする

というものなのでしょうか。

友達とする〜の延長線上に答えがあるものなのか?
そうではないのか?

あなたの答えはどこにありますか?

もっと見る

江戸時代の商人が「火事」になると真っ先に行動した事とは?

め組

CRMという概念は、比較的最近のコンセプトに思われがちであるが、日本では江戸時代から大福帳などで見られるように実践されており、単に売上高のみを管理するだけではなく、個人にフォーカスした経営が重要であることが感覚的に理解できる。

引用:顧客関係管理

顧客管理を調べてみると、実は江戸時代から行われていたようです。

江戸時代の商人は、お店が火事になった時に真っ先に行うことがあったと言われています。それは、顧客台帳を井戸に投げ込むという行為です。井戸に紙の顧客台帳を投げ込んだら、びしょぬれになって使い物にならなくなると思ってしまいますが、江戸時代の顧客台帳は特殊な紙で作られていたので、水に浸かっても文字がにじまないようにできていたのだそうです。

引用:江戸時代の商人が一番大事にしたもの

建物よりも商品よりも大事にしたのが、顧客台帳。
その昔より「顧客の重要性」は説かれていたわけです。

ソーシャルメディアは人と人のつながり」で成り立っているメディアです。

人とのつながり、このつながりをどのようにイメージしているか?で、ソーシャルメディアの活用が変わってきます。

もっと見る

ソーシャルメディアのビジネス活用をするタイミングを見つけよう。

競馬

ある競馬の予想をしている方と話しをしていると、一番人気の馬が3着までに入る確率は7割だそうです。

しかし、ある条件になるとその確率が下がるそうです。

その条件とは?
簡単な事です。

天候が悪く「馬場状態が悪くなったら」というのが答え。

つまり、万馬券などの高配当のレースは、天候が良くない時に出やすいということ。

G1レースなどの人気レースでも万馬券は出たりすることはありますが、有名レースが万馬券が出やすいということではないようです(その方の話しではです)。

つまり、万馬券を狙うならいつか?

それと一緒です。

あなたは「ソーシャルメディアでビジネス活用するならいつか?」を考えていますか?

もっと見る

伝えるべきことを「伝えて続ける」事の重要性、赤い人になれた一つの理由。

赤い人

赤いダウンに赤いハンチング

最近赤い人と呼ばれることも多くなりました。
そして遂に「スタンプへ」

LINEスタンプの審査が通って販売されましたら、改めてご連絡差し上げますね。

こうなったのも、いつもお話している通りの事をしているだけのことです。僕の勉強会/セミナーに来ていただいた方は知っていると思います。

同じことを繰り返しする。

何度も何度もするから「覚えてもらえる」のです。

あなたは、あなたの伝えるべきことを伝え続けていますか?

もっと見る

インスタグラムの人気の理由、理解しておくべき使い方

インスタグラムPCページ画面

最近インスタグラムというSNSを利用する/利用してみたい。という声をよく聞くようになりました。

インスタグラム(英語: Instagram)は、無料の画像共有(英語版)アプリケーションソフトウェアである。デジタル画像を撮影し、画像編集(フィルター)をし、同サービスあるいは、Facebook、Twitter、foursquare、Tumblr、Flickr、ポスタラス(英語版)といった他のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で共有する。

引用:インスタグラム

ツイッターは文字中心のSNSですが、このインスタグラムは、写真/画像共有が中心のsnsと言えばわかりやすいかもしれません。

ええ〜また、新しいSNSか・・・と思われる方もいるかもしれません。

あなたが使いやすいsnsを利用することが、ソーシャルメディアのビジネス活用ではありません。あなたのお客様が利用するSNSを理解することも、ソーシャルメディアのビジネス活用です。

ぜひ、インスタグラムがなんぞや。ということだけでも知っておいてはいかがでしょうか?

もっと見る

ビジネスを加速させるスピード感を、ソーシャルメディアで体験しよう。

ジェットコースター55

ビジネスを加速させるスピード感を、ソーシャルメディアで体験しよう。

なぜ、上手くいくのか?

ソーシャルメディアを通して、沢山の出会いがあり、人を見てきました。

あっという間に、ソーシャルメディアを活用できる人もいます。

反対の場合ももちろんあります。

その理由として、聞いたら素直に実行するという事は、何回かこのブログ記事にも書きましたが、

実行しても、結果が出ない。
という人もいます。

やっているつもりなんだけど。そういう人も多いと思います。
結果が出る人と何が違うのか?

もっと見る

ソーシャルメディア【リスク回避】の大事な2つのポイント

危険 クリフ

すべてのソーシャルメディアが上手く行くわけではなく、サービスが終了してしまう場合もある。と先日の記事に書きました。

ソーシャルメディアはどこかの企業のサービスであり、それを「間借り」させてもらっている。

有料の場合もあれば、無料というものもありますが、私たちのものではなく、その運営会社のモノです。

サービスが終了するだけでなく、サービスの利用規約が変わるという場合もあります。

ルールが変わって、今までとは違う使い方になる。というのも、当たり前なのが「ソーシャルメディア」です。

ソーシャルメディアのビジネス活用をする上で大事なことは、リスク回避。

いろいろなリスクがありますが、運営会社の都合による「リスク」、このリスク回避のポイントを今回は解説します。

もっと見る

止める事/諦めることも、ソーシャルメディアで結果を出す方法

準備中

すべてのソーシャルメディアが良い結果を出すわけではありません。

技術的に良くても、
内容が良くても、

時流に乗れなかったり
タイミングが悪かったり

いろいろな理由があって結果が出たり/出なかったりします。

大事なことは、決めること。
そして次へ行くこと。

ダラダラしてしまうことがもったいない。

もっと見る

違和感を大切にしよう!ソーシャルメディアの活用法

考え事

違和感(http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/15918/m0u/)を辞書で調べて見ると

しっくりしない感じ。また、ちぐはぐに思われること。「初めて会う人なのに―もなくうちとける」

と書いてあります。

しっくりしない感じ。
この違和感を、あなたは大事にしていますか?

違和感と聞くと良いものでないイメージと感じてしまうことがありますが、実は結構大事な「感の一つ」であると僕は思います。

なぜ?違和感を感じるのか?

今の自分と「違う」。合わないと感じるのが違和感で、実はその違和感には2種類あります。その違いを意識することが、ソーシャルメディアの活用には大切なこと。

もっと見る

▲ このページのトップへ