header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

2015年2月のアーカイブ

売り込まないけど結果が出る。ソーシャルメディアのビジネス活用方法

疲れないソーシャルメディアのビジネス活用

ソーシャルメディアを活用するには、

やる/やらない。というアウトプットではなく、「どうやってやるか?」をアウトプットすることが、ソーシャルメディアを活用する事。

という記事「ソーシャルメディアのアウトプットとは?」を書きました。

今回はその続きです。

出来ないではなく、どうやってやるか?という出来る方法を考えてみると、どんなアイデアが浮かんできますか?

出来る為に、何をするか?という思考が、ソーシャルメディアの活用ができるようになる考え方だと僕は思います。

もっと見る

ソーシャルメディアのアウトプットとは?

勉強

アウトプット出来ない

・時間が無い
・技術が無い
・お金が無い

せっかくソーシャルメディアの活用をしようと考えて、セミナーや勉強会/本などから情報を得ても、いろいろな「無い」という問題点を抱えてしまっている人が多くいます。

それがアウトプット出来ないという状況を生み出している場合があります。

出来ないという「アウトプット」をしてしまっては、そこから一歩も前に進む事はできません。

ソーシャルメディアは変化しています。

現状維持するにも、それに対応して行かなくてはなりません。

もっと見る

食べ物で体が作られるように、情報のインプットを考えてみよう。

ハンバーガー

日々の食べ物で私たちの体は作れらている。

これって、当たり前のことなんですよね。私たちは毎日食べて、自分の体を作っている。

そう考えると、

・何を食べるか?

ってすごく重要なこと。お腹を満たすことも重要ですが、未来のことも考えた食生活も考えるべきですよね。

食べた物によって、未来の自分の健康状態が変わります。

もっと見る

アウトプットがソーシャルメディアには必要なワケ

ポスト

ソーシャルメディアの勉強をする。

勉強することは良いことですが、勉強というインプットだけではダメ。アウトプットをしてこそ結果が付いてきます。

特にソーシャルメディアの場合は、インプットよりもアウトプットが大事であると最近感じるようになりました。

情報が見えなくなっている。

最近特にそう思います。
皆さんはいかがでしょうか?

もっと見る

変えたモノが気付かれない。見ていても分からないモノ

メガネ

過去に何回かブログの記事にもしている「僕の変化」についてですが、まだ誰からも指摘されておりません。それが、

良いのか?
悪いのか?

もしこれが、ビジネスのことだったら「ダメ」だと思います。

指摘されない。ということは、その変化/実行していること。が、伝わっていない。ということであれば、結果を出しずらい状況であると言えますよね。

やっているつもりでも、それがソーシャルメディアで伝わらないのはのなぜか?

結果を出す為にはやるべき時にやることをやっていないから、伝わらないと感じるのです。

もっと見る

変化を感じる/気付くには、◯◯を決めること。

法人も個人も無料の公開型アカウント LINE@、全世界で展開

ソーシャルメディアは常に変化している。

いつも同じではない。ということは、いろいろなところでもお話しさせていただいています。今回のLINE@の発表もその変化の一つ。

LINE は、同社の無料通話・メールアプリサービス「LINE」で、法人、個人を問わず月額無料で利用できる公開型アカウント「LINE@」の提供をグローバルで開始した。

〜中略〜

今回提供を開始する LINE@ は、実店舗を持たない法人や個人なども対象とするもの。店舗、施設、ブランド、メディア、EC 事業などが情報を発信したり、顧客・取引先との連絡に利用したり、サービス利用予約などのビジネスシーンでも利用できるようになる。また、ユーザーは活動ごとに違ったアカウントを作成、使用できるようになる。

引用:法人も個人も無料の公開型アカウント LINE@、全世界で展開

この変化を感じる。変化に気付き、どのように使うか?考えていますか?

もっと見る

出来ない。という考え方はやめよう。

ギターを弾く人

ソーシャルメディアを活用したいという人は多い。

どんな話を聞いても、

活用出来ない。という考え方

が先行してしまうと、活用できることがあったとしても結果へ結びつけることが出来ない。

実行する=やる

という考え方で、ソーシャルメディアを取り組んでみること非常に重要なポイントです。

もっと見る

結局、続けられる人が結果を出している。

Google、Twitterとの提携でリアルタイム検索復活か

2009年からツイッターを始めて6年、僕と同じようにツイッターを始めた人がいる。

お互い忙しいということもあって、不定期にしかお会いすることはできないが、お会いする度に嬉しいニュースを聞かせてくれる。

それは、今でもツイッターからビジネスが出来ている。という話

ツイッターを使うことが、ビジネスとして成り立っているから2015年の今でも使っているんでしょ。と思う人がいるかもしれませんが、それは結果論。

結果を出す為に、やるべきことをやっているから。

これが理由だと僕は思います。

もっと見る

再現性のあるソーシャルメディアの使い方をイメージしよう

お菓子

ソーシャルメディアを活用したい。という答えを持っていれば、それを達成するためにはどんな情報発信をしなければならないか?はある程度イメージできるはずです。

しかし、それを実践し活用できていると結果を出している人は多くはない。

その理由を一つ挙げるとすれば、

・行き当たりばったりの投稿

をしていることが多い。

目標があるにも関わらず、そこへ行くため/つなげるための投稿ができていないということ。

もっと見る

ソーシャルメディアで結果を出す為の記事を投稿しよう。

スノーボードレース

ソーシャルメディアを利用している。

毎日ログイン、そして1日に何回も投稿している。という使い方をしている人も多いかもしれません。

また、ツイッターやフェイスブックなど、複数のSNSを利用してるという人もいるかもしれません。

それだけ頻繁に利用していればいるほど、投稿内容をしっかり考えていないと、欲しい結果を出すことが難しいかもしれません。

その理由は、ソーシャルメディアは双方向のメディアだから。

双方向のメディアを理解して活用していますか?

もっと見る

▲ このページのトップへ