header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

2014年9月のアーカイブ

初めてのiPhone6 スマホ初心者、スマホネイティブからブログやソーシャルメディアの運用を考えてみる。

IMG_2574.JPG

過去の記事でも取り上げていますが、ニールセンのデータによると、スマートフォンからのインターネットのアクセスが増えているのが、今の日本の現状。

そして、スマートフォンからのアクセスは若年層からだけでなく、シニア層、女性層からのアクセスも増加傾向にあり、全世代がスマートフォンを利用し始めているようです。

また、インターネットへのアクセスがパソコンからではなく、スマホオンリーというスマートフォンからのみでインターネットへアクセスする「スマホネイティブ」のユーザーも多くなりそうです。

スマホネイティブはどう使う?

もっと見る

スタバコーヒー 豆『パナマ アウロマール ゲイシャ』を飲んで「購買理由」を考えてみた。

パナマ アウロマール ゲイシャ スターバックス

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社(本社所在地:東京都品川区、代表取締役最高経営責任者(CEO):関根 純)は、高品質のアラビカ種コーヒー豆のみを使用しているスターバックスの中でも、特に希少性が高く、個性豊かな風味を持つコーヒーを期間・店舗・数量限定で提供する「スターバックス リザーブ®」の新しいラインナップとして『パナマ アウロマール ゲイシャ(Panama Auromar Geisha)」(本体表示価格10,000円/250g)を、9月17日(水)から全国48店舗で販売いたします。

引用:個性豊かで希少なコーヒーを販売期間や数量を限定してお届けする「スターバックス リザーブ®」から
パナマ産 “ゲイシャ種” のコーヒー 『パナマ アウロマール ゲイシャ』 が登場

たまたま行ったスターバックスで、1杯1,650円(税別)の『パナマ アウロマール ゲイシャ』 を飲むチャンスがあったので、このコーヒーを飲みながら少し考えてみました。

飲む理由その1:コーヒー好きだから

単純にコーヒーが好き。そう思って1回くらい飲んでもいいんじゃない?という人も多くいるのではないでしょうか?

そういう僕も同じで、コーヒーが大好き。飲むチャンスがあったら飲んでも良いのでは?とその場で即決でした。

これがいつでも飲める。というものだったら飲まなかったかもしれません。限定という言葉に弱いかもしれませんが、コーヒーが好きだからこそ飲んじゃうんですよね。

もっと見る

2人に1人は1万円を超す売上、LINEスタンプが売れている?を考えてみる。

55.5%が売上1万円超え!LINE自作スタンプ成功の鍵とは? 実は表示に盲点あり!

2014年の5月よりスタートしたLINE自作スタンプの販売プラットフォーム「LINE Creators Market」ですが、売り上げが好調なことが伺える。

また、この自作したLINEスタンプの審査というものもあって、LINEスタンプを作ったからといって簡単に販売できるということでもなさそうです。

数字だけ見ていると好調ですが、実際のクリエイターの売り上げ比率はどうなんだろう。やっぱり一部の人だけが売り上げているんだろうなぁ。と思っていたところ、上記の「55.5%が売上1万円超え!LINE自作スタンプ成功の鍵とは? 実は表示に盲点あり!」という記事がありました。

LINE自作スタンプ2人に1人は1万円超

この自作スタンプ〜中略〜よくよく調べてみると、全体の20%弱が10万円以上、全体の55.5%が1万円以上売り上げていることが分かりました。5人に1人が10万円、2人に1人は1万円を超す売上ということです!

引用:55.5%が売上1万円超え!LINE自作スタンプ成功の鍵とは? 実は表示に盲点あり!

なんと、5人に1人が10万円、2人に1人は1万円を超す売上ということが書かれています。

LINE自作スタンプが売れる理由

・LINEの利用者が多い
・出来立てホヤホヤでニュースになっている

というような、LINEの持っている客数(利用者数)によってという理由が考えられるが、しかし、今回の場合は2人に1人は1万円を超す売上という事を考えると、利用者数だけかポイントではないのかもしれません。

もっと見る

【対応を学ぶ】U2のアルバム「Songs of Innocence」から学べること

Apple - U2の最新アルバム、公開。

2014年9月9日のiPhone6の発表会で、もう1つ大きな発表がありました。それが、Apple – U2の最新アルバム、公開。、そしてU2の最新アルバムが、限定ですがiTunesを利用している私たちに無料提供という内容でした。

本来ユーザーが支払うはずのアルバム代金は、慈善活動家としての顔も持つボノによる無料奉仕、というわけではなく、アップルが肩代わりしたとのこと。

イベント後、ボノは「支払いは受けたよ。無料の音楽なんてありえない。音楽は神聖なものなんだ」と語っています。

引用:U2、新作アルバムSongs of InnocenceをiTunes限定で無料配信。ボノ曰く「代金はアップル持ち」

このアルバムのダウンロード方法は今までのものとは違って、iTunesユーザーに自動的に全曲(11曲)がダウンロードされるようになっていました。

ダウンロードしたいか?
ダウンロードしたくないか?

この配信方法は、ユーザー側にダウンロードしたいか/したくないか、という選択枠はなく自動的にダウンロードするようになっており、通常の購入した曲とは違い「削除」が出来ないという仕様だったようです。(iTunes Matchの登録ユーザーは可能だった。現在は誰でも削除可能)

もっと見る

iPhone6/プラスの予約状況から予測出来る事とやるべき事。その1

アップルの新型アイフォーン予約、初日に400万台突破

iPhone6が発表され、実際に予約出来る日がやってきました。

それまでにも、iPhone6/プラスに関するいろいろな情報や意見がネットにアップされ賛否両論ありました。

結果、予約状況がはどうだったのか?

新機種の初日の予約件数としては、2012年に投入した「アイフォーン5」の200万台の倍に達し、過去最多となった。

引用:アップルの新型アイフォーン予約、初日に400万台突破

iPhone5/cの2倍の予約数という結果になりました。

これから何が予測出来るのか?

多くのiPhone6ユーザーが、あなたのホームページやブログにアクセスされるであろうということ。

ニールセンのデータ「スマートフォンからのネット利用者は直近1年間で1,100万人増加 ~ニールセン、2013年度(2013年4月~2014年3月)のネット利用動向を発表」によれば、2013年度のスマートフォンからアクセは1100万人増加という。

もっと見る

過去の方法だけに捕われない【柔軟な対応】で、ブログ/ソーシャルメディアを楽しもう

地球

毎日更新する事が目的になっていませんか?

毎日更新=結果 

ではありませんよね。結果を出す為の1つの作業として「毎日更新」しているのではないでしょうか?

例えば、一ケ月で1万PV達成しました!というのは結果です。

この1万PV達成するという結果を作るには

・広告を出す
・検索結果からアクセス(SEO)
・ソーシャルメディアから(Twitter/Facebook等)

等も考える事ができますが、

「毎日更新」してPV数を稼ぐ

という方法も、1万PVを稼ぐ1つ方法であることはイメージできます。1万PV稼ぐためであれば、毎日更新は1日1回ではなく、1日10回更新でも良いわけです。

要は1万PVを達成する為に何をするべきか?なのです。

もっと見る

【続 たまに使える】投稿や記事が書けない時にできるアクセスUPにも使える小技

風邪

前回は、【たまに使える】投稿や記事が書けない時にできるアクセスUPにも使える小技として

・過去投稿/ブログ記事の見直し

という内容の記事を書きました。実は、それ以外にも過去記事から出来る事いくつかあるので、今回は、【続 たまに使える】投稿や記事が書けない時にできるアクセスUPにも使える小技として、ご紹介します。

もっと見る

【たまに使える】投稿や記事が書けない時にできるアクセスUPにも使える小技

体温図る

ソーシャルメディア/ブログを毎日やる。

このように書くと、何かのネタを探して書かないといけないじゃないか?と思う人もいるかもしれません。毎日やるわけですから、当然ネタが無くなることも。

そのネタ探し「もう疲れた〜」っていうことありませんか?

実はそうでも無いんです。ソーシャルメディアやブログやればやるほど、あるデータが貯まっていくこと皆さんご存知ですか?

もっと見る

共感した人が共感した時に共有するサービス=ソーシャルメディアという考え方

Twitterプロモーションで認知の底上げと、O2Oマーケティングに成功!「マダム・タッソー東京」が打った施策とは?

ソーシャルメディアに限ったことではありませんが、ツイートや投稿が拡散しない。

どうしたら投稿した情報が拡散するのか?

内容に魅力が無いわけでもありません。

内容が良い≠見られる

投稿内容が良いに越したことはありませんが、内容が良いからと言って、人が見てくれる訳ではありません。

当たり前のことですが、どれだけ良い内容の投稿があったとしても、その投稿自体の存在が知られない/気付かれなければ、残念ながらその投稿価値は正しく評価されません。

ソーシャルメディアが活用出来ている人が出来ていることとして、1つ挙げるとすれば、投稿を相手に届ける仕組みがあること。

もっと見る

諦めるメディア=ソーシャルメディアを考える

食べかけのハンバーガー

ソーシャルメディアには色々な投稿があって、その投稿によって興味をもったり、実際にその場所へ行って食べてみたり、皆さんもそういう経験したことあると思います。

自分からでは見つけることが出来なかった情報が、ソーシャルメディアにあって、それがソーシャルメディアが面白いと感じる1つの魅力ではないでしょうか。

しかし、ソーシャルメディアは諦めてしまうメディアである事も、理解して置く必要があります。

もっと見る

▲ このページのトップへ