header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

2014年9月のアーカイブ

誰に言うかではなく【いつどんな状況で伝えるか?】というソーシャルメディアの情報発信

手紙

応援と感謝

応援と感謝という「ソーシャルメディアのビジネス活用」という話を全国でさせて頂いています。

全国で色々な業種の方が「応援と感謝」という使い方で結果を出した企業/個人の方々が沢山おられますが、結果を出した人達の使い方を調べていくと、応援と感謝以外にもう1つやっていた事があります。

そのやっていた事とは、

・どんな状況になったら伝えるか?

という情報発信です。

どんな状況になったら伝えるか?という情報発信

ソーシャルメディアの情報発信は「誰に伝えるか?」が大事であることは間違いないですが、誰に伝えるか?を考えるだけでなく「どんな状況になったら」その人に伝えるか?という情報発信方法です。

情報発信するのに、人を選んでいませんか?

もっと見る

同じ無料でも、ソーシャルメディアはSEOではありません。

検索結果無し

ソーシャルメディアは、SEOとは違います。

Facebook/Twitter(ソーシャルメディア)への投稿、いくらかかりますか?という質問を、勉強会やセミナーで質問させて頂く事はあります。

すると「無料です」と答えてくれる人が100%です。10回、100回投稿したら幾らかかりますか?と続けて聞いても、「無料です」という答えを頂きます。

だからこそ、投稿はあいまいな投稿よりも「ピンポイント」な投稿で情報発信したほうが、ソーシャルメディアで結果が出せると考えています。投稿はしているけど、うまくいかない。という人は、投稿内容を見直してみましょう。

同じ無料でも、ソーシャルメディアはSEOではありません。

投稿やツイートがユーザーの画面に表示され、それを見たユーザーが「それを読むかどうか判断」します。システムに判断された後、検索結果に表示されるSEOの仕組みとは違います。

もっと見る

ソーシャルメディア時代の【コンテンツ イズ キング】を見直そう。その2

IMG_2706.JPG

ソーシャルメディア時代の【コンテンツ イズ キング】を見直そう。では、ソーシャルメディア時代のホームページ/ブログの構成要素が変わってきたことを理由に、今までの「コンテンツ イズ キング」とは違う時代になってきたのではないか?という事を書きました。

何が違うのか?は、その記事で、詳しく書いてありますので読んでくださいね。

実はそれ以外にもソーシャルメディア時代になったからこそ、ホームページやブログへ利用するべきSNSもあるのではないか?と考えています。

その1つが動画。

今ではスマートフォンでも動画撮影/作成が簡単にできるようになりました。また、wifi環境や高速回線が普及していることで、動画の再生もされるようになりました。

動画は、ホームページやブログにも動画を埋め込むことができます。

今までは、

・文字/テキスト
・イラスト/写真/画像

という内容でホームページは構成されていましたが、これからは

・動画/スライドショー

という方法で情報提供も出来るようになりました。

動画があったほうがユーザビリティという点で、ホームページやブログの価値を上げることができます。

もっと見る

マンガ【フットボールネーションに学ぶ】ソーシャルメディアに必要な想像力

IMG_2688.JPG

たまたま、コンビニで見かけた週刊漫画雑誌に連載されている、大武ユキさんが連載されている「フットボールネーション」。この10月10日号(写真)に、素敵な台詞が掲載されていました。

それを読んで、ソーシャルメディアのビジネス活用には「この想像力が必要なんだ!」と共感しましたので、早速このブログ記事で紹介させていただきたいと思います。

その共感したフレーズが「サッカーは何人でやるもの?」という問いかけに答えたフレーズです。

そのフレーズは、この記事の一番下に書いてありますので、ぜひ最後まで読んで皆さんがイメージした答えと同じかどうか?チェックしてみてくださいね。

もっと見る

ソーシャルメディア時代の【コンテンツ イズ キング】を見直そう。

Googleジャパン

被リンクという時代から「コンテンツ イズ キング」という時代へ

パンダ、ペンギン、ハミングバードというGoogleのアルゴリズムの変化により、コンテンツ重視という「コンテンツ イズ キング」という時代になり、それに合わせたホームページやブログの運用が必要となってきている。

コンテンツ イズ キング とは?

コンテンツ・イズ・キングとは、「インターネットの主役はコンテンツそのものである」という基本的思想のことです。この思想の下では、質の高いコンテンツをどれだけ含んでいるかがウェブサイトの価値となります。

〜中略〜

「訪問者の役に立つ」「何度も繰り返し訪れたいと思う」「みんなに知らせたいと思う」という3つの要素こそが良質なコンテンツの条件であり、これを満たさないウェブサイトは駆逐されようとしているのが現状です。

引用:コンテンツ・イズ・キングとは

また、ソーシャルメディアの登場により、今までには無かったモノをホームページやブログにレイアウトする必要が出たことにより、ホームページやブログの運用に変化が現れてきました。

もっと見る

実店舗でも、ECショップ(オンライン)でもソーシャルメディア活用に違いはない

open

ソーシャルメディアの活用セミナーで、

・ECショップの成功事例

について、良く聞かれます。

実店舗もECショップ(オンライン)も、ソーシャルメディアでモノを売るというイメージにそう違いはない。と僕は説明しています。

お客様は2タイプ

・新規
・リピーター

どちらのお客様を大事にするべきか?

新規のお客様ばかりに販売しているのであれば、どこかで販売の終わりがきますが、同じ人に繰り返し販売できる仕組みであれば「販売終了はありません」。

当たり前のことですが「リピーター」を大事にすべきであり、リピーターは、もう一度買ってくれるお客様になるだけでなく、

・お客様を紹介してくれる
・口コミしてくれる

というモノを買ってくれるだけでなく、あなたの代わりに「新しいお客様」を見つけてくれる「あなたの営業マン」にもなってくれるのです。

もっと見る

ブログ、ソーシャルメディアで共感する/される理由

握手

ブログの使い方やソーシャルメディアの活用方法は、いくつもの使い方があってどれも正解だ。

そこでポイントになるのが、その考え方に共感できるかどうか?ではないだろうかと僕は思います。

しかし、同じことをブログの記事に書いたり、ソーシャルメディアで投稿しても、AさんとBさんでは違うように聞こえる事もある。

それはなぜだろう。

そこにある気持ちが読み手に伝わるかどうか?ではないだろうか。

松下幸之助氏や本田宗一郎氏の言葉が、なぜ人を動かすのだろうか?

もっと見る

スマホ時代は「最後まで読まれないことを想定」した、サイト運営(3つのポイント)を考えよう

スマホもったまま寝る

最近、ホームページのアクセスの半分以上が「スマートフォンからのアクセスだ」という話も聞くようになりました。

僕自身のブログも、スマートフォンからのインタネットのアクセスが増えたことによって、ホームページやブログなどの情報の見られ方が変わって来ていると感じています。

スマホからのアクセスで何がどう変わったのか?

1.見られる時間帯
スマートフォンからのアクセスは、PCとは違い「いつでもアクセス」出来る事が利点。

・バスを待っている間
・移動時間中
・寝る前にベッドの中

等、いろいろな所からいろいろなタイミングで気軽に見られるようになったという利点もありますが、見るシチュエーションを考えると問題点は長い時間見られない(情報を最後まで読んでくれない)かもしれない。ということ。

もっと見る

【出会いがポイント】ブログ/ソーシャルメディア運用を成功に導く、簡単にできる方法

標識

ブログをやる
ソーシャルメディアをする

無料ブログを使う人もいれば、ワードプレスなどを自分用のものを使う人もいる。また、FacebookやTwitter、LINEなどソーシャルメディアといっても色々あって、それのどれを使うのか?

それは、その人それぞれ。

ブログ/ソーシャルメディアをする理由

ブログ/ソーシャルメディアをする理由も人それぞれ、

・今の延長として
・今を変えたい

もっと見る

【ブログ初心者用】毎日ブログを書き続けるためにイメージした7つのポイント

頂

ブログを毎日1記事更新すると決めて一カ月達成しました。(期間:2014年8月17日〜2014年9月16日)

毎日ブログ記事を書き続けるというモチベーションを保ち続ける事は、何かがない限り難しいと思います。

・仕事(収益)
・アクセスが多い
・検索結果上位表示
・反応がある

など、目に見える結果があれば続ける事が出来そうですが、特に始めたばかりのブログでいきなり結果を出す事は難しいでしょう。

結果を出すために「毎日書く」という事で始めても、結果が出る前に辞めてしまう事も・・・ということで、僕自身も先ずは一カ月毎日1記事と決めて書き続けました。

書き続けると言っても簡単に出来る訳もなく継続するために、色々とイメージすることで続けられました。

そのイメージしたポイントは7つ

もっと見る

▲ このページのトップへ