header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

2014年1月のアーカイブ

ソーシャルメディアの投稿、反応UPのコツ ( google+ facebook twitter )

女性2人(ソーシャルメディア投稿コツ/反応アップ)

読まれたら嬉しいですし、反応があれば、次も書こう!という気になりますが、反対に読まれない、反応がない状況が続けば続くほど継続する気もなくなってしまいがちです。

だからこそ、ソーシャルメディアの投稿、反応UPのコツは、

読んでもらえなくても「気にしない」こと。

もっと見る

ソーシャルメディアとSNSの違い

@ネットアットマーク

ソーシャルメディアとSNS、どちらもよく使われる言葉ですが、その意味について考えたことはありますか?

ソーシャルメディアをwikiで検索すると以下ののように説明されています。

ソーシャルメディアは、誰もが参加できるスケーラブルな情報発信技術を用いて、社会的インタラクションを通じて広がっていくように設計されたメディアである。しばしばティム・オライリーによって提唱されたWeb 2.0の概念を具現化した一つの形として考えられる。
個人と個人、個人と組織、組織と組織の間の情報発信が、ウェブサービスを経由することによってそれ自体が意味を持つコミュニティとなり、実社会に広く拡散され、影響力を持ち始めたメディア。twitterやfacebookなどのプラットフォームによって、個人間の情報発信が可視化されやすくなったことにより、ソーシャル・ネットワーキング・サービスのネットワーク的な概念を超えて、新たなメディアとして浸透しつつある。

引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/ソーシャルメディア

また、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を調べてみると以下の様な説明となります。

もっと見る

中小企業がソーシャルメディアを使う為に〜 twitter facebook google+ をどのような位置づけで使うべきなのか?

ソーシャルアイコン

これからのソーシャルメディアは口コミ、バイラルと言われていますが、それだけの使い方だけがソーシャルメディアの使い方ではありません。

最近では、ホームページやブログに書いた記事をソーシャルメディアで拡散し、見てもらう使い方で多くのページビュー(PV)を稼ぐことができるという話も聞くようになりました。

良いコンテンツを提供すれば、それがソーシャルメディアで拡散されることで見られるようになる。という時代になりつつあります。

言い換えれば、ホームページやブログを上手く運営していく為には、ソーシャルメディアを使いこなすことが必要になるのがこれからの時代。

もっと見る

▲ このページのトップへ