header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

2011年7月のアーカイブ

カンタンに出来る事:ソーシャルメディアSEO

セミナーの模様

過去にノブ横地がおこなったセミナーの中に、数百名以上の参加者があったソーシャルメディアSEOがありました。

そのセミナー受講者で、実際にフェイスブックページを制作した人のほとんどが結果を出していただけました。

・目から鱗の内容だった
・懇親会に出ずにすぐ試したいと思った
・セミナー費用以上の内容だった

また、受講された人が主体となり、他の場所で「ソーシャルメディアSEO」の開催をしていただくなど、この輪は全国へ広がっています。

なぜ、このような結果になったのか?

もっと見る

【はじめから期待しないこと】結果は後から付いてくる

ソーシャル疲れ

こうなったらいいな!

と自分がなりたいと思う「目標」や「ゴール」があっても、今の自分と目標とする自分とのギャップを知る事が重要です。

・ギャップの大きさ

1週間でできることなのか?
1ヶ月、1年かかることなのか?
それともそれ以上?

大きな目標であればあるほど、時間がかかるのは当然です。

もっと見る

1つ目がポイント:ソーシャル疲れしない為に

階段

ソーシャルメディアを上手く活用するポイントは、

1つ目の成功

が、ポイントです。

これは、ソーシャルメディアにだけ言えることではなく、他の事でも同じことが言えると思います。

・小説が賞を取る
・ベストセラーになる
・ドラマ化
・映画化

など、1つが上手くいけば、他のことも上手く行きやすい傾向があるのです。

もっと見る

答えは、検索結果にある。ソーシャルメディアSEO

ノブ横地おすすめ!セミナー情報
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2011年7月19日:はじめてのソーシャルメディアSEO2 in 東京
2011年7月29日:はじめてのソーシャルメディアSEO in 神戸
2011年7月30日:はじめてのソーシャルメディアSEO in 富山
2011年8月3日:女性のためのfacebook活用セミナーin大阪【男性も大歓迎】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

答えは目の前に

ソーシャルメディアSEOは、検索サイトの検索結果に上位表示させる仕組みを研究しています。

検索結果に上位表示させることが「目標」です。

目標が、検索結果に上位表示させることであれば、答えは「検索結果」が表示されているページにあるはずです。

色々自分で考えるよりも、表示されている検索結果の画面から1つ1つ検証/確認をしていくことが、ひとつの答えだと思いませんか?

答えは目の前にあります。

ソーシャルメディアSEOでは、自分で答えを考えるのではなく、検索結果から答えを導きだす仕組みの情報をセミナー内で参加者の皆様と共有しています。

この「ソーシャルメディア(ソーシャル)SEO」は、座学ではなく、ワークショップ形式で体系的に学べる場所を提供しています。

・仲間の大切さ、共に成長すること
・インプットとアウトプット
・情報の共有、ネットワーク

これらを体験、共有する場所を提供します。

直近では、

7月19日:東京
7月29日:神戸
7月30日:富山

を予定しています。

情報だけでなく、実際の参加者のリアルな結果をシェアもこのセミナーの中でしています。

皆様のご参加楽しみにしています。

ソーシャルメディアでお客様に出会う方法

群衆 ソーシャルメディアSEO

知らない人に、あなたを知ってもらうにはいくつか方法があります。
いろいろな方法が考えつくと思いますが、

・継続した情報発信

という方法について今回は取り上げたいと思います。

お客様はあなたのサービスが必要な時だけお客様になるからです.常にお客様ではありません。

人はいつお客様になるか分かりません。
お客様になった時、あなたを思い出してもらう必要があります。

思い出す、記憶に残らせるためにも、継続した情報発信が必要なのです。

継続した情報発信をしなければ、あなたの存在がお客様の記憶から消えてしまう可能性があります。

ソーシャルメディアで毎日投稿する。
FBページを検索結果に上位表示させる。

継続した情報配信の仕組みを知る、そして仕組み化することが、ソーシャルメディアでお客様に出会う方法なのです。

ソーシャルSEOセミナーコンセプト

ソーシャルメディアは、繰り返し使うのがポイント

螺旋階段

時間は止まりません。
戻る事もありません。

しかし、

・春夏秋冬
・1月〜12月
・月初、月末
・一週間
・朝と夜

時は、繰り返します。
まるで「らせん階段」のように時は繰り返すのです。

もっと見る

自分でしない事がコツ。ソーシャルメディアのコツ

自分でしない事がコツ

全て自分でやろうとしない。
これが、ソーシャルメディアを上手く活用する1つの方法です。

全て自分でやろうとすると、調子の良いときはいいのですが、悪い時は・・・となり、
結果「ソーシャル疲れ」で継続できない。という結果になります。

その為にも「自分でしなくても良い」という仕組みを作りましょう。

もっと見る

本当は誰と戦うべきなのか?ソーシャルメディアSEO

ノブ横地おすすめ!セミナー情報
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2011年7月14日:【満員御礼】女性のためのfacebook活用セミナーin東京
2011年7月15日:【福島県いわき市】ソーシャルメディアセミナーinいわき市 Part1
2011年7月19日:はじめてのソーシャルメディアSEO2 in 東京
2011年7月30日:はじめてのソーシャルメディアSEO in 富山
2011年8月3日:女性のためのfacebook活用セミナーin大阪【男性も大歓迎】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

戦うべき相手

あなたのライバルは誰ですか?

写真のバスケットボールチームで考えれば、

・選手がライバル
・試合の相手がライバル

と考えがちですが、自分がレギュラー選手として選ばれるためには「監督がキーマン」になるでしょうし、試合を左右するのは「審判」審判から良い印象を受けることができれば、試合運びは断然有利なものとなるでしょう。

これを、SEO/ソーシャルメディア(ソーシャル)SEOの視点から、ライバルにつて考えて見ましょう。

もっと見る

女性の為のフェイスブック・・・ 

女性の為の・・・

ソーシャルメディアを利用するようになり、知らない事は、「知っている人に聞く」ということが簡単に出来た時代になったと感じるようになった。

今までは、どのように連絡つけたらよいだろう?
電話や手紙ではちょっと・・・

など、躊躇していたことが多くあった。

特にツイッターが現れてから、有名人でも政治家にでも簡単にツイートできるようになった。

返事がくるかどうか?は分からないけど、
やってみるか?的な感じで、送信する。

今までには無かった手軽さです。

携帯やスマートフォンでも利用できるSNS。
パソコンおたくと呼ばれる人だけが使う時代じゃなくなってきた。

そこで今回の「女性の為の・・・」というセミナー

「女性の為の・・・」というセミナーであれば、

・女性に話してもらおう。

そこで3人の女性のお願いしました。

鈴木由歌利さん
www.facebook.com/suzuki.yukari
川北睦子さん
www.facebook.com/epresence
山川裕未さん
www.facebook.com/yumi.yamakawa

それぞれが個性的、魅力的な女性です。
それだけが、お願いした理由ではありません。

自分の言葉を持っている

という部分が一番大きいと思います。

もっと見る

それぞれのステージ:質や量の関係

「もはやユーザー数に意味はない」FacebookのCEOが提唱する「シェアの法則」【湯川】 : TechWave_1310075466685

クリックで該当ページが開きます。

先日、フェイスブックの利用者数が7億5千万人を突破したというニュースがありました。今年の1月に6億人という発表があったばかり、約半年後には1億5千万人の増加というスピードを感じさせる伸びですね。

ユーザー数だけではなく、そこに存在する情報の量にも注目している記事があったのでご紹介させていただきます。

「もはやユーザー数に意味はない」FacebookのCEOが提唱する「シェアの法則」【湯川】

国内スマートフォンOSシェア、アンドロイドがアップル抜く

クリックで該当ページを開きます。

国内スマートフォンOSシェア、アンドロイドがアップル抜くという記事をご紹介します。

こちらは、OSのシェアということで、アップルを抜いたという事ですが、こちらは「数」を取り上げています。

Aが良い、Bの方が良い、いやCがベターだ。
見方によって、どれも良く見えます。

フォロワー数の数だ!、いいね!数だ。
いやいや、シェアの数だ。などなど、

ツイッターやフェイスブックも同じことが言えると思います。

どれも正解だと思います。
しかし、どれかだけが正解という答えあるとも思いません。

これらを決めるのが、

・あなたのステージ

だと僕は考えます。

あなたが「ソーシャルメディア」をどのように使いたいのか?
そして、それを達成するためには、

・今あなたがしなければならないこと=あなたのステージ

を知り、そのステージに合わせた「質と量」をするべきだと僕は思います。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

▲ このページのトップへ