header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

2011年4月のアーカイブ

ソーシャルメディアSEO最新事例・情報

ソーシャルメディアSEOとYahoo! JAPANで検索!

ソーシャルメディアSEOとYahoo! JAPANで検索!

ソーシャルメディアSEOのフェイスブックページを公開して、約7日、一週間が経過しました。

ここで、2011年4月29日の最新事例・情報を提供したいと思います。

ソーシャルメディアSEOという言葉を、ここ7日ブログ、ツイッター、フェイスブックを活用して情報提供している訳ですが、

「ソーシャルメディアSEO」と検索するとどういう結果が出てくるのか?
気になりますよね?

あなたも実際に検索して見てください。

現在、ソーシャルメディアSEOという情報は、以下から情報提供しています。

1.ブログ ツイッター伝道師「ノブ横地」
2.ツイッター ノブ横地のアカウント
3.ツイッター ソーシャルメディアSEO情報 
4.フェイスブックページ ソーシャルメディアSEO(仮)

これらの4つのサイトが「ソーシャルメディアSEO」という検索結果にどのように表示されるのか?
非常に興味のある所です。

実際にヤフー検索してみると、

5位: ブログページ「1」
10位: ツイッター「3」
11位: フェイスブックページ「4」

という結果が出ています。

なぜ、この順に表示されるのか?

この理由が分かれば、
どのような施策をするれば良いか、
方向性が分かります。

ここで面白い事が分かります。

2.ツイッター ノブ横地のアカウント
3.ツイッター ソーシャルメディアSEO情報

同じツイッターアカウントでありながら、一方は検索結果の1ページ目に表示され、片方は3ページ目にすら表示されない。という事実

ちなみに、

2.ツイッター ノブ横地のアカウントは、10万人のフォロワー
3.ツイッター ソーシャルメディアSEO情報は、39人のフォロワー
4.フェイスブックページ ソーシャルメディアSEO(仮)は、252件のいいね

という内容。アカウントを見ていただけれは、分かると思います。

たった39名のフォロワーのツイッターアカウントが、10万名のフォロワーを持つアカウントよりも上位表示される。

数だけで決定されていないことが言えますよね。

実は、この結果の理由は分かっています。

この結果をどのように分析しているのか?
知りたいとおもいませんか?

これらの結果は、ソーシャルメディアSEOを既に活用しているユーザーからもたらされる情報であったり、僕自身が実際に施術・結果を検証することによって評価しています。

僕以外の沢山のユーザーの力によって検証されること、そして、僕自身もその最前線に立つ。

自らが実践
机上の空論では終わらせない

「ユーザーだけにやらせる」という考えはありません。 

僕自身、そしてそれに賛同していただいているユーザーで、このソーシャルメディアSEOの仕組みを検証してきました。

そして、さらにパワーアップさせたいと考えています。

この結果の理由は、ソーシャルメディアSEOのフェイスブックページで、いいね!を押して頂いている方には差し上げている「ソーシャルメディアSEO(仮)のまえがき.pdf」には、その答えが書いてあります。

読んでいない方は、一度じっくり目を通していただければと思います。

いいね!を押したけど、どこから?ダウンロードすればいいのか分からないう方は、以下のからダウンロードしてください。

1.ソーシャルメディアSEOのフェイスブックページにアクセス
2.左のメニューより、「ようこそ」をクリック
3.中央に現れる文面の末尾にある、まえがき.pdf のリンクをクリック
以上です。

もし、読まれていない方は、いいね!を押して原稿を読んでくださいね。

1000名のいいね!達成で、このソーシャルメディアSEOの原稿をプレゼントする企画をしています。

ぜひ、あなたの「いいね!」のご協力・ご参加、お待ちしています。

ソーシャルメディアSEO(仮)フェイスブックページはこちら

結果を数字(金額)で出せるのが、ソーシャルメディアSEO

ソーシャルメディアSEO 検索結果

ツイッターやフェイスブックをビジネス活用し始めて困る事は、結果をどのようにまとめるか?

・フォロワー数
・いいね!の数

ビジネス活用するのであれば、ビジネスに関連する結果を出したいものです。

ソーシャルメディアSEOは、検索サイトの検索結果に上位表示させるものとして紹介してます。

ツイッターやフェイスブックページが、検索結果に上位表示するということは、

・検索サイトからの集客(SEO)
・PPCの代わりとしての集客

という、既に「ビジネス」として利用されている仕組みを適応することができるので、

・SEOの費用
・PPCの費用
・広告費用

などに換算して考えることが出来ます。

例えば、上記画像の場合

・求人誌に掲載

したと考えると、いくらの費用を軽減させているか?金額を出すことができます。求人サイトに掲載している場合も、この費用をセーブすることができたと考える事が出来ます。

このように考えると、ソーシャルメディアのビジネス活用の結果を簡単に見えるのが、ソーシャルメディアSEOの一つの魅力です。

ソーシャルメディアは、口コミや影響力といった「数字」には表しにくい媒体とのイメージがありますが、ソーシャルメディアSEOは結果を出しやすく、分かりやすいと思います。

ぜひ皆さんも、ソーシャルメディアSEOを利用してみませんか?

1000名のいいね!で、ソーシャルメディアSEOの原稿をプレゼントする企画をしています。
ぜひ、あなたの「いいね!」のご協力お願い致します。

ソーシャルメディアSEO(仮)フェイスブックページはこちら

ソーシャルメディアが優遇されている事例パート2

ソーシャルメディアSEO 検索結果

前回の記事「ソーシャルメディアSEOとは? 」の内容のおさらいをしておくと、

自社ホームページのメインキーワード以外のキーワードでも、検索結果の上位へ表示させ

・集客

につなげたいと思うのは当たり前のこと。

そこで、ツイッターやフェイスブックを使い、自社に関連するキーワード(メインキーワード以外)で検索エンジンに上位表示させ、そこからホームページへのアクセス数を増やす仕組みであるということ。であることを前回お話させていただきました。

ソーシャルメディアは、

・自社の強み
・自社のサービス名
・求人

など、サブキーワードを上位表示させることが得意なのです。

つまり、ソーシャルメディアSEOは、自社サイトを支える為の補助サイトとして利用する方法を解説しています。

サブキーワードに特化することによって、ツイッターやフェイスブックページに掲載される情報が、

・よりサブキーワードに濃い情報ページ

に変わります。

しかも、ソーシャルメディアは、リアルタイムであるからゆえ、常に最新情報を提供することにより、検索サイトに好印象を与えます。結果、上位表示する一つの理由ということだと思います。

ビックキーワードではなく、サブキーワードの濃い情報を出すことによって、そのツイッターアカウントやフェイスブックページの質が高くなり、更にそこから自社サイトへのリンクを提供すれば、自社サイト自身も「質」の高いサイトになる一つの被リンクになるのです。

「ツイッター伝道師」の検索結果 - Yahoo!検索

「ツイッター伝道師」の検索結果 - Yahoo!検索

「ツイッター伝道師」と検索してみてください。
結果は、ツイッターのアカウントが1位表示されます。

このブログ「ツイッター伝道師 ノブ横地」がメインホームページであるにも関わらず、サブページであるツイッターアカウントが1位表示となっています。

ソーシャルメディアの運用の方法では、ブログで運営している本家のサイトを上回る結果を出すことができます。

この結果を見ていただいても、ソーシャルメディアが検索サイトの検索結果に優遇されているか?が分かると思います。

SEOやPPC広告で、集客している人にとっては、ソーシャルメディアを使わなければ、もったいないと思いませんか?

ツイッター・フェイスブックは、「無料」です。

おカネのかかるものではありません、活用しない方がもったいないと思いませんか?

1000名のいいね!で、ソーシャルメディアSEOの原稿をプレゼントする企画をしています。
ぜひ、あなたの「いいね!」のご協力お願い致します。

ソーシャルメディアSEO(仮)フェイスブックページはこちら

ソーシャルメディアSEO:最適キーワードの見つけ方

SEOをする上で最初のポイントとなるのが、最適なキーワードを見つけること

・お客様に見つけてもらえるキーワード

自分は、こう思う。
このようなキーワードで検索する

というのは、良くある間違いで、

つまり、お客様が検索に「入力する言葉」を見つけることなのです。

特に、自分の業界のキーワードを探す際、このミスを犯します。

灯台もと暗し、自分では当たり前と思っていることでも、実は業界の外の人=お客様は、当たり前ではない。ことが多いのです。

では、どうやって探すのか?

・売れているサイトのまねをする

という事、それだけです。

売れているという事は、お客様が集まっているということですよね。

そこが、検索サイトからアクセスを集めて、モノが売れているのであれば、そのキーワードは、沢山のお客様が検索する際に利用する「キーワード」であると言えるでしょう。

検索サイトを利用して、売れているサイトを探すこと。

これが、一番始めにする作業です。

次にする作業は、

・売れているサイトの「設定しているキーワード」

を抜き出す作業です。

この作業は意外に簡単です。

ホームページを作成する際、ホームページのキーワードを記述する「タグ」という場所があります。

そこにとして、キーワードを掲載しています。そのキーワードを抜き出せば良いのです。

しかも、このキーワードは「全てのページ」に別々のキーワードが書かれている場合ありますので、より具体的なキーワードを抜き出すことも出来ます。

キーワードを探す方法は、この他にもいくつもありますが、その内容については、現在執筆中のソーシャルメディアSEOに掲載する予定です。

1000名のいいね!で、この原稿をプレゼントする企画をしています。

ソーシャルメディアSEO(仮)フェイスブックページはこちら

ぜひ、あなたの「いいね!」のご協力お願い致します。

ソーシャルメディアSEOとは?

SEO:検索エンジン最適化

検索エンジン最適化(英: Search Engine Optimization, SEO:サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)はある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。

出典:ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E6%9C%80%E9%81%A9%E5%8C%96


現在のSEOは、一つのサイトで複数のキーワードで上位表示させることは難しくなっていて、複数のサイトを立ち上げたり、ブログなどでカバーしたりする方法がとられています。

しかし、検索結果の上位表示を専門とする業者が台頭し始め、既存のSEOの情報や技術では、簡単に上位表示すること、継続的に上位表示することが難しくなってきている。

そこで、ソーシャルメディアの登場です。

ツイッターやフェイスブックページの情報が検索サイトに優遇され、上位に掲載される傾向があることが分かってきたのです。

TwitterやFacebookで共有されたリンクが検索順位に直接影響する――グーグルとBingが明言  Web担当者Forum

TwitterやFacebookで共有されたリンクが検索順位に直接影響する――グーグルとBingが明言 Web担当者Forum

ソーシャルメディアSEOとは?

ここで説明する「ソーシャルメディア」とは、ツイッターアカウント・フェイスブックページの2つを指します。 MIXIなど他のソーシャルメディアはここには入りません。

その理由は、

・検索サイト

に、影響を与えやすいかどうか?をポイントにしています。

今現在、検索サイトに一番影響を与えるソーシャルメディアが、

・ツイッター
・フェイスブックページ

であり、この2つのソーシャルメディアを「検索結果の上位に表示させる」事を
ここでは、ソーシャルメディアSEOと呼んでいます。

名古屋市北区 美容室ステラ

名古屋市北区 美容室ステラ

ここに、名古屋市北区で経営している美容室ステラ様のホームページがあります。
検索キーワードは「名古屋市北区 美容室ステラ」がメインキーワードです。

しかし、それ以外のキーワードでも、検索結果の上位へ表示させ

・集客

につなげたいと思うのは当たり前のことです。

そこで、ソーシャルメディアSEOの登場です。

ソーシャルメディアSEO 検索結果

「名古屋市北区 美容師 求人」と検索してみてください。

検索結果の1位と2位が、美容室ステラ様のフェイスブックページと、ツイッターアカウントが表示していると思います。

名古屋市北区にある美容室の求人ですから、これ以上のビックキーワードで検索結果に表示される必要もありません。

「北区 美容師 求人」と検索してみてください。

北区 美容師 求人 - Google 検索

北区 美容師 求人 - Google 検索

それでも、1位と2位は変わらず、フェイスブックページとツイッターアカウントが表示されています。現在のソーシャルメディアのサイトが、検索サイトにどれだけの影響を与えているか?が分かると思います。

ツイッターやフェイスブックを使い、自社に関連するキーワード(メインキーワード以外)で検索エンジンに上位表示させ、そこからホームページへのアクセス数を増やす仕組み。

このソーシャルメディアSEOの具体例を現在執筆中の、ソーシャルメディアSEOでは解説しています。

1000名のいいね!で、この原稿をプレゼントする企画をしています。

ソーシャルメディアSEO(仮)フェイスブックページはこちら

ぜひ、あなたの「いいね!」のご協力お願い致します。

ソーシャルメディアSEO:体験者の声

NTTLS ソーシャルメディアカレッジ

ソーシャルメディアSEOを体験して頂いた方々の中に、
NTTラーニングシステムズ株式会社主催の「ソーシャルメディアカレッジ」
があります。

2011年1月29日~4月16日までの全9回の日程で行われ、
システム運用からパーソナルブランディングに至るまで
成果に直結させる総合的な集中講座を開催しました。

その中でも、ソーシャルメディアSEOについての内容を
お話させていただき、色々な職業、立場の方々に
実践していただくことができました。

また、今回のソーシャルメディアSEOでもお話している
情報のシェアについても体験して頂きました。

仲間と情報をシェアすることの重要性も知っていただくことができた
内容の濃かった9回講座でした。

最後に、ソーシャルメディアSEOを体験した、
ソーシャルメディアカレッジの「参加者」の声をお聞きください。

1000名のいいね!で、この原稿をプレゼントする企画をしています。

ソーシャルメディアSEO(仮)フェイスブックページはこちら

ぜひ、あなたの「いいね!」のご協力お願い致します。

ソーシャルメディアSEOは、人を相手にしない。

以前の動画でもお話させていた来ましたが、ソーシャルメディアSEOとは、

・ソーシャルメディアが検索エンジンに与える影響

の事だと書きました。

ソーシャルメディアというと、人対人のイメージが強いのですが、ソーシャルメディアSEOは、検索エンジンとの関わりという一面を持っている。

つまり、人相手ではないのです。

・検索エンジン相手

なのです。

ソーシャルメディアSEOの考え方全てが、検索エンジン相手という訳ではないのですが、この検索エンジンが相手であるという考え方が無くては、始まらないのです。

・お客様にあなたの存在を知ってもらうステージ
・お客様とコミュニケーションするステージ
・お客様をリピーターにするステージ

ソーシャルメディアを活用にするには、ステージがあるのです。

誰も知らない、知られていないのに、口コミや他人とのコミュニケーションが発生することはありません。

ツイッターを始めた人が「ツイッターが面白くない」と辞めてしまうのがこのパターン。

ツイートしても、誰も返事をくれなければ、面白くありませんし、何が楽しいのか?も分かりません。

まずは、自分の存在を知ってもらう事が重要なのです。

この作業がもったいない!と思うのです。

ビジネスとして利用するのであれば、普通に作業するだけでなく、検索サイトにもインデックスされるように同時に作業すれば、時間も費用も少なく済みます。

ソーシャルメディア+検索サイト

両方に自分の存在を知ってもらえるような作業を、現在執筆中の、ソーシャルメディアSEOでは解説しています。

1000名のいいね!で、この原稿をプレゼントする企画をしています。

ソーシャルメディアSEO(仮)フェイスブックページはこちら

ぜひ、あなたの「いいね!」のご協力お願い致します。

最新情報を無料で公開する理由

HIS 澤田会長の前で

インターネットの変化するスピートは早い、とんでもなく早い。
あっという間に、インターネットに関する情報の多くが価値を失う。

インターネットでいう価値のある情報とは何か?

・継続して結果を残す事ができる情報

だと僕は考える。

結果を残すためには、色々なテストや仕組みを試す必要がある。

また、異業種にまたがってテストすることで、誰にでもできることを確かめたりすることも必要となってくる。

色々な沢山の事例を得るには、1人ではできない。

仲間を作って、色々なパターンを試すことが、インターネットの変化に付いていく一つの方法ではないだろうか?

僕は、今よりももっと多くの仲間と繋がりたいと思っています。

より多くの仲間を作るには、

・情報を公開

する必要があるとかんがえました。

自分の情報を公開することは、その価値、希少性を無くすという意見もあるかもしれない。

しかし、変化するスピートによる「情報の陳腐化」を考えれば、

・その情報が最大限に価値のあるタイミング

を、どのように使うか?が、自分の情報の価値を魅力あるものにできるのではないでしょうか?

多くの仲間とつながって、最新の情報を交換することができれば、

・継続して結果を残す事ができる情報

になると考えています。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

facebook twitter の使い方は教えない。

僕のツイッターやフェイスブックのビジネス講座の初回は、フェイスブックやツイッターの使い方は教えない。

それには、理由がある。

・ソーシャルメディアは、お客様が主人公だから。

お客様にツイッターやフェイスブックを使って、お客様との関係性を作ることが大切で、

・買ってください。
・いつセールやります。

など、自分の情報ばかり発信するものではなく、お客様の口コミに感謝することが、ソーシャルメディアと考えています。

だから、フェイスブックやツイッターの使い方をいきなり教えることをしないのだ。

ここを理解してもらえないと、ただ操作画面を見せて、機能やボタンの説明をしても、

・ふーん

で終わってしまう事が多い。

手品と同じで、手品のタネを知るだけで終わってしまう。その為の講座をやっているわけではないのだ。

実際に活用し、ビジネスにつなげてもらうためにやっている。

実際に使わない機能であれば、なおさら「ふーん」で終わってしまうし、逆にソーシャルメディアを活用する気持ちが無くなるかもしれない。

ソーシャルメディアに興味もってもらい、

・使ってみたい!
・使って結果を出してみたい!

と、講座が終わって自宅に帰ってからも、継続してもらえる講座をすることが僕が目指す一つのゴール。

その場で終わりではなく、講座を受講した人にとっては、ここがスタートだから。

ソーシャルメディアは、継続することが重要です。

継続するには、結果が必要。

小さい結果でも目に見えることができれば、それを繰り返すことで大きな結果につながります。

成功は、途中であきらめない、成功するまで「継続」結果です。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

ソーシャルメディアSEO 原稿プレゼントします。

僕は今、ソーシャルメディアSEOという原稿を執筆中です。

ソーシャルメディアSEOとは、聞きなれない言葉かもしれません。
日本でもほとんど使われていない言葉です。

しかし、ツイッターやフェイスブックのツイートやページが、
検索エンジンの検索結果に表示されているのは
皆さんも見た事があると思います。

ツイッターやフェイスブックが検索エンジンに与える影響。

これをソーシャルメディアSEOと呼んでいます。

私自身、沢山の会社や店舗、個人の方とソーシャルメディアの活動に
参加させていただいた事で、このソーシャルメディアSEOについての事例と
沢山出会う事ができました。

このソーシャルメディアSEOの事例を皆さんとシェアしたいと思い、
現在執筆しております。

なぜ、皆さんとシェアしたいのか?
それは、もっと沢山の事例をシェアしたいから。というのが理由。 

1日24時間、誰にでも均等に与えられています。
多くも、少なくもなる事はありません。

私自身ががんばっても、こなせる数は決まっていて
ある一定以上こなすことはできません。

また、私がソーシャルメディアSEOはスゴイですよ!と営業できる限界もあります。
知らない人には伝わりませんし、聞いてもらえるチャンスも少ないですよね。

そこで、皆さんとシェアすることにしようと決めました。

興味のある方に、私の持っているソーシャルメディアSEOを
体験していただき結果をシェアすることで、
より最新の情報を共有し更に一歩前に進む。

インターネットはすごいスピートで変化しています。

共感していただける皆さんとシェアすることが、
その変化に対応できる最良の方法だと考え、
現在執筆中の原稿をシェアすることに決めました。

原稿は2011年5月8日に書き上げる予定で進めています。

11ページと短い内容ですが、ソーシャルメディアSEOの
「まえがき」をPDFにして用意しました。

このまえがきPDFも、沢山の人とシェアしたいので、
フェイスブックページを用意しました。

その名も「ソーシャルメディアSEO(仮)」です。
ソーシャルメディアSEO(仮)フェイスブックページはこちら
いいね!を押して、皆さんの友達に
ソーシャルメディアSEOを告知してください。

そして、皆さんと一緒に、2011年5月8日までに1000人のいいね!を
集めることができれば、

現在執筆中の原稿を、
皆さんにプレゼントしたいと思います。

期間限定にはなりますが、応募された人全員に無料で差し上げる予定です。

2011年5月8日まで、たった15日しかありません。

フェイスブックページにて、進捗状況をお伝えする予定です。

皆様のお力をお貸しください。
皆様とこの情報をシェアできることを期待しています。

宜しくお願いします。

ソーシャルメディアSEO(仮)フェイスブックページはこちら

ぜひ、あなたの「いいね!」をお願いします。

▲ このページのトップへ