header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

2010年9月のアーカイブ

質の高いツイート/投稿(サービス)は考えない

ツイッター・フェイスブックのぼり まちおこし、地域おこしに使おう!

どうすれば、質の高いツイート/投稿ができるか?

という質問を受けることがあります。

どのようなツイート/投稿が、
ユーザーにとって有益な情報か?
と考えてみると、

質の高いツイート/投稿は考えない
のも1つの考え方。

というのも、質の高いツイート/投稿は、
あなたにとってはそうかもしれませんが、

受け取る相手には、そう取られる場合もあれば、
そう感じない場合もあります。

受け取る側に「判断」をさせるモノに対しては、
発信側ができることは、責任をもって正しい情報を出すこと。

それが発信側にできること。
それ以上はコントロール下にはありません。

質が高いかどうかの判断は、受け手が決める事
ということは、質の高いツイート/投稿やサービスをどれだけやっても、

その価値を認める、理解できる受け手でなければ、
その良さを理解することはできません。

質の高いツイート/投稿という見方・考え方で、
内容を考えたりネタ探しから入ることはやめましょう。

仲間を応援、共感することから始めることが
あなたの価値を認める仲間が集まります。

結果、あなたの投稿内容に、
リツイートやいいね!が付くように
なるのではないでしょうか?

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

ツイートの内容を見直す時期

Twitter、「onMouseOver」攻撃を説明
jp.blogherald.com/2010/09/22/twitter-explains-away-onmouseover-attack/

いずれにせよ、ユーザーはツイッター上のリンクをクリックする際は十分に気をつける必要があり、信頼しているユーザー(あるいは企業)が提供するリンクのみクリックするべきである。

先日のツイッターの「onMouseOver」攻撃は、ツイート内におけるリンクの信頼性がいかに重要か?を教えてくれた。

ツイートは、口コミであったり、知り合い・友達のツイートであり、その情報の信頼性は自分自身で決めるしかない。

ツイッターのユーザーが多くなればなるほど、良い使われ方をする人も多くなるし、反対に、悪い使い方をする人も多くなる。

これからますます、ツイートの中身を自分自身で確認し、情報の正確性を確かめることが求められてくることが分かる。

自分のツイート内容を今一度見直すタイミングであるのかもしれない。

松阪市長:使わないツイッター戦略!

9月18日は三重県松阪市でツイッターセミナーに参加しました。

そのホームページはこちら、9/18ツイッターセミナin松阪

このセミナーには松阪市の山中光茂市長にもご参加頂いた。

市長のご挨拶の中に

「ツイッターアカウントは1年ほど前に取得」したが、全く使っていない

とのお話があった。

私の個人見解だが、市長ともなれば、偽物が現れたり、実際にツイッターをする際に、既にアカウントが誰かに取られていたり、ボットなどが勝手に運営されていたりすることがある。

そういう意味で「取得だけはしたが全く使っていない」という発言はしても、ツイッターの使い方としては、間違っていないと思う。

ツイートしてなんぼ、と思う人がいるかもしれないが、

・自分を守るための使い方

というのもあることを改めて再考させていただいたセミナーだった。

市長曰く、ツイッターを使うことは考えているとのことですので、全く使う予定はないということは無いそうです。

セミナー前に、市長と写真を取って頂きました。

松阪市長とノブ横地

松阪市長とノブ横地

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

新しい Twitter.com へようこそ

新しいツイッターの画面が順次変更されるみたいだ。

動画を見てみると、製品説明ではなく、新しいライフスタイルの提案見たいな映像になっていて、何かワクワクさせられる。

使ってみたいぞ、新しいツイッター!

新しい Twitter.com へようこそ

知らなかったでは済まない。ツイッターの怖さ

知らないではなく、知った上で使うことが重要 >> 「iPhone」で要注意!女性1人暮らしの“空き巣”被害 >> http://www.twitnews.jp/news_zQDy890dT.html

この記事では、ツイッターでツイートすることによる「位置情報」に気をつけるという内容になっていますが、ツイッターは、単独サービスで完結ではなく、色々なサービスと連動しているサービスです。
これからも、色々なサービスと連動することでしょう。

ツイッターが他のサービスとつながることによって、更に使いやすく、楽しいサービスになる事は良いことですが、裏を返せば、

・ツイッター以外の所へ「あなたの情報」が流出する。

ということが言えます。

ツイッターを始めとするソーシャルメディアは、個々が情報発信者になります。

ソーシャルメディアのサービスが世の中にもっと入り込んでこれば、この情報を良い使い方をする人もいれば悪い使い方をする人も出てきます。

悪い使い方をされないように気をつけるだけでなく、情報の出し方を考える必要があります。

この問題点を、あなたが分かっている分かっていないにかかわらず、情報発信されている現実があります。

今一度、情報発信のあり方を個人レベルから考える機会が必要だと思います。

ツイッターのぼりを持って壇上へ!あがる理由

私がツイッターセミナーで全国へお伺いする際、一緒にもって壇上へあがるのが、このツイッターのぼり

ツイッター伝道師:ノブ横地

ツイッター伝道師:ノブ横地

北海道の100キロ歩こうよ大会に出た際も、のぼりと一緒に歩きました。
100km歩こうよ♪大会 in 摩周・屈斜路

ツイッターのぼりを、なぜ持って壇上へあがるのか?

僕はツイッターをやっている!と人に知ってもらいたいから。

それだけなんです。

仕事上、全国へ行く機会が増えホテルに泊まる機会が多くありますが、

・そのホテルがツイッターしているかどうか?

正直分かりません。

駅前商店街を歩くこともありますが、

・そのお店がツイッターしているかどうか?

それも分かりません。

ツイッターやっているお店と分かれば、ツイートするでしょうね。

でも、分からないのです。

ツイッターは、デジタルのサービスですが、こういうアナログな部分もあるんです。

ツイッターやっている人って、ツイートするネタ探していると思います。

そういう意味でも、のぼりを立てよう!

こののぼりは、大・小 あって、小さいのはCGMマーケティング社の佐々木COOにも差し上げました。その時の写真がこのhttp://exhige.com/ のトップページに掲載されている写真です。

まちおこし、地域おこし、祭など、人が集まるところに、ぜひのぼりを立ててくださいね。

のぼり希望の方は、以下のサイトへアクセスしてください。

ツイッターのぼり制作

ソーシャルメディアとSEOの関係性は、非常に・・・・

全国を回り、いろいろな人たちとツイッター談義に花が咲きますが、ソーシャルメディアとSEOの関係について議題になることがあります。

私的な意見・駄文ですがご容赦ください。

そもそも検索エンジンの目的は何でしょうか?

広告を沢山表示したり、
利用者にとって無意味な情報を出したり、
欲しい情報が100番目に掲載されるなど、

利用者が必要としない情報を検索結果として表示することが、検索エンジンの目的ではないと思います。

・検索する人に「求めてられている情報を提供する」こと

求められている情報とは、検索されている人によってさまざまです。分かっていることは、過去のWEBデータによって蓄積された結果を求めている訳ではないということです。

例えば、芸能人のファンの方が作ったホームページが10年以上あったと過程して、その芸能人の公式ページが最近出来た場合、検索エンジンはその最近出来たばかりの公式ページを検索結果の1番目に表示することが適当であると判断しますよね。

しかし、現在のインターネット上の情報データの増加スピードや、クローラー等のデータ収集による検索結果への対応スピードを考えると既存の方法では検索結果への反映の鈍化は否めないと考えます。

Google Instant というサービスが開始されましたが、検索結果表示が速くなっただけで、検索エンジンのデータ自体の集め方の根本が変わっているわけではないと思います。

そこで、リアルタイムなソーシャルメディアの登場と考えます。

ツイッターやフェイスブックなど、今までは見る側だった消費者が、情報発信側にもなるバイラルという巻き込みにより、その情報を取りこむことで、過去データに依存しない検索ができるようになってきました。

過去データに依存しないソーシャルメディアのデータを組み込むことが、

・検索する人に「求めてられている情報を提供する」こと

へ、また一歩近くなるのではないでしょうか?

そう考えれば検索エンジンも、ソーシャルメディア上にフィードされるデータに頼る部分があると考えれば、ソーシャルメディアとSEOの関係は、非常に高いと考えられるのでないでしょうか?

そうであれば、SEOに取り組んでいる方は、ソーシャルメディアにも取り組んでいく必要があると考えます。

ソーシャルメディア ビジネス活用
ソーシャルメディア ビジネス活用

アメリカでも元気なツイッター

アメリカのツイッター情報を探していると、以下の情報を発見!

YouTube CEO の目にとまったスタンフォード大生:
出典:maclalala2 藤シローの複眼ウォッチング

詳しい内容は、上記のブログ記事を参照していただくとして、ツイッター使ってリクルートされてたんですね。

しかも、CEO自身が直接ツイートして職をオファー。

フェイスブックがあったり、アップルのPINGが出てきたり、とアメリカのソーシャルメディアの世界もスゴイスピードで変化し続けています。

そんな中でも、ツイッターがんばってますね。

ツイッターの個のつながりですが、

・年齢
・性別
・役職

関係なしにアプローチし合えるのが良いところ。

日本では、ソフトバンクの孫社長のツイッターアカウントが有名ですよね。

・やりましょう!

ユーザーの声を社長の「やりましょう!」のひと言で決まってしまう、この「つながる力」。

沢山あるソーシャルメディアの中でも、ツイッターが持っている他にはない魅力ではないでしょうか?

ツイッターオフ会で作ると楽しいアイテム

Twitterのリスト機能からTシャツが作れるサービス『twi-tshirts』
www.twitnews.jp/news_zoe0FAZ3B.html

イベントに参加した人だけ入れるとか、スタッフだけとか色々使えるかも。
2500円~って、T-シャツも安くなったもんですね。

ゆるいツイッターのつながりですが、リアルでは結構いい感じのつながりになるのがツイッター。
こういうアイテムがあるとより盛り上がって結束が強いつながりになるかも??

津言ったー。津行ったー。ツイッター!

津でツイッターセミナー!
県庁の横にある三重県産業支援センターという場所でした。
津いったー!とツイートしたかったのですが、写真を忘れてしましました。

いつも思うことなんですが、津に呼んで頂く度に、

・津行った!証明書

なるもの作ってほしい。あれば欲しいとお願いしてみるのですが・・・・

また、大阪のある方より教えていただいた情報:
津の駅前には、アスト津 というビルがあります。

アスト津ホームページ
www.ust-tsu.jp/

アスト津 → ust-tsu

もう分かりましたよね。

津はツイッターだけじゃなく、 津はUST=ユーストでもありなんですね。

こんな時代の最先端に乗っかれる町もそうそうあるものではありませんし、使わない手は無いと思うのですが。

お伊勢さんに行く方も多いと思います。
その際に、ツイッター、もとい 津行ったー!津言ったー! お忘れなく。

▲ このページのトップへ