header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

カテゴリー “雑文” の投稿一覧

ご飯と共に食べるラーメン。 博多無邪気にて実食!

博多無邪気

ラーメン。

ラーメンとご飯は合いますよね!

そして、ラーメンライスというメニューも聞いたことがあります。

今回は、

ご飯に合うラーメン。

というのがあるということで「博多まで」食べにやってまいりました!

もっと見る

もう一回ジェットスターに乗った時確認すること^^;;

ジェットスターの毛布

先日乗ったジェットスターでの一枚

オリジナルブランケット

という商品が機内で販売されておりました。

そのカタログを見ていると~

他の箇所にブランケット?を使った写真がありました。

それがコチラ~♪

もっと見る

お福氷~赤福氷が両方食べたくなったら二見町に行くべし!

お福氷も赤福氷も食べたい

先日の記事を読んで~

お福氷を食べたい!
でも赤福氷も食べたい!

と思ったあなた~それが出来る方法教えちゃいます。

もっと見る

お福氷~赤福氷じゃないよ~お福氷を食べに行ってきた!

お福氷食べに行ってきた

御福餅というのを皆さんは聞いたことありますか?

と、聞けば「赤福餅も知っているよ!」という人も多くいらっしゃると思います。

そして、夏の今のシーズンなら

赤福氷

を食べたよ~と言う人もいるのではないでしょうか。

実は、御福餅にも「御福氷」というのがあるのを皆さんは知っていますか?

そして今回「御福氷」を食べに行ってきたのでレビューします。

もっと見る

えええ!!!七味唐辛子がないの????

うどん屋さんにて

いつも行きつけのうどん屋さん。

行きつけとはいえ、
最近行っておらず^^;;

でも、ここのうどん定食は僕の中で定番のランチの一つ。

いつも通りこのお店に来店
うどん定食をいつものようにオーダー

そして、いつも通り、七味唐辛子をうどんに入れようと~~~~したところ。

もっと見る

ユーチューバーならぬ、フェイスブッカー??動画が重要視されている。

Facebookがアップロードされた動画に対する収益化のテストを今秋に開始予定と判明

最近facebookの動画に関するニュース記事が多く書かれている。

動画機能をいろいろとアップデートしてきていることをから、それだけfacebook社が動画に注目していることを意味しているのだろう。

今回の記事もfacebookの動画、内容は「動画の収益化テスト」についてです。

もっと見る

SNS業界の人の繋がり。相関図を考えよう

Slack、新プラットフォーム責任者を任命--元TwitterおよびグーグルのA・アンダーウッド氏

SlackというSNSがある。
その責任者が誰になったのか?

何気ない人事異動の話です。

こういう記事は結構ネットで掲載されている情報ですが、見ていて思う事があります。

それはなんだと思いますか?

もっと見る

SNSにも欲しい〜Gmailに送信取り消し機能が付いた!

gmail送信取り消し機能

ソーシャルメディアにも取り入れたい。と思う機能が、Gmailに付きました。

その機能とは、送信取り消し機能。

スバリそのままの名前です。

この機能は開発中の機能として以前からあったものですが、ようやく正式サービスとなって最近リリースされたもの。

設定は簡単でGmailの設定画面に入って、送信取り消し機能のチェックボックスにチェックをいれるだけ。

設定の変更後は、保存を忘れずに!

もっと見る

絵文字がパスコード。パスワードの未来の一つかもしれない。

絵文字をパスコードに!! 忘れがちな暗証番号の代わりに使用する「絵文字セキュリティー・テクノロジー」が登場!

指紋認証
声紋認証
虹彩認証
血流認証

など、個人を認証するためのシステムが開発されている。そういう中で「絵文字」を認証方法として利用するという方法が紹介されていました。

「絵文字セキュリティー・テクノロジー」

と呼ばれるものですが、無機質な数字よりも、絵文字のパスコードの方が覚えやすいという。

もっと見る

コメダ珈琲がコンビニでコーヒーを販売する理由を考えてみた。

コメダ珈琲、コンビニに「まろやかミルクコーヒー」

朝日新聞のweb版に、コメダ珈琲、コンビニに「まろやかミルクコーヒー」発売との記事を見つけた。

コーヒーショップのコーヒーがコンビニで販売される。というのはもはや当たり前。

スターバックス
タリーズ

などなど、全国チェーンのコーヒーショップのコーヒーがコンビニで買える。という前例を私たちは知っているからだ。

では、なぜ僕がこれを取り上げたのか?

それは、ぼくらのソーシャルメディアにも同じことが言えるのだ。

もっと見る

▲ このページのトップへ