header-icon

ソーシャルメディアビジネス Google+ LINE Twitter Facebook

カテゴリー “スマホアプリ” の投稿一覧

過去にSNSへ投稿したの記事の価値をどう考えていますか?〜つながらない技術

ソーシャルメディアには投稿する記事。
それはどういう価値を持っているのか?

投稿の価値を考えてみたことはありますか?

いろいろな人がいろいろな内容の投稿をする。

それは人によっては価値があり
またそれは人によっては価値がないかもしれない。

もっと見る

あなた投稿は「つながりなんて関係ない投稿」がある〜つながらない技術

Facebookが友だちとの思い出を振り返るショートムービー作成機能を公開

facebookをしていると、

1年前の今日はこんな投稿していました。

という過去の投稿を教えてくれる時があります。

それを見て、そうだったね〜なんていう投稿したことありませんか?

また、過去投稿にコメントが入ると、
その過去投稿が「今」また再表示されてびっくりしたことありませんか?

ソーシャルメディアは今を投稿するだけではなく、
過去の投稿も流れてくるメディアなんです。

もっと見る

おせっかい。と感じるのか?〜アドバスと受け取るのか?

10の質問でわかるあなたの「おせっかい度」 親切の押し売りしていない? 

SNSはいろいろな意見を目にすることがあります。

それをアドバイスと受け取るのか?

親切の押し売り。
おせっかい。と受け取るのか?

人がどうそれを受け取るのか、
気になるところですよね。

自分でチェックする方法もあるようです。

もっと見る

投稿は誰のためのもの?〜つながらない技術

浜崎あゆみ、ライブツアー中の写真撮影を解禁! Twitterに白熱のライブ画像あふれる

ソーシャルメディアにへ投稿される内容は、

食事
旅行
イベント

などなど、生活の一部が投稿されるだけでなく、

考え方
困ったこと
楽しかったこと

など、感情の部分の投稿もある。

もっと見る

あなたの銀行口座には毎日86,400円振り込まれている話とSNSの関係〜つながらない技術

あなたの銀行口座には毎日86,400円振り込まれています。

あなたの銀行口座には毎日86,400円振り込まれています。

という話を聞いたことがある人も多いと思います。

この話とSNSのつながり。

実はものすごく関係のある話なんです。

その理由は〜

もっと見る

ソーシャルボタンの意味を考える〜つながらない技術

Free ‘Social Media Bookmark Icon +’ pack, the ever growing icon set

ソーシャルボタンといえば、

twitterならリツイート
facebookならシェア
Google+なら+1

SNSでつがっているユーザーに教えたい時使うボタンですよね。

それってどういうこと?
ソーシャルボタンをもう一度考えてみよう。

もっと見る

誰にでもいい顔できる???ダンパー数から考える〜つながらない技術

一人の人間は最大何人の友達を持つことができるのか?

ダンパー数という数をご存知だろうか?

人間にとって、平均約150人(100-230人)が「それぞれと安定した関係を維持できる個体数の認知的上限」であると述べている。

引用:ロビン・ダンバー

平均約150人(100-230人)が、それぞれと安定した関係を維持できるというが、果たしてあなたは、150名の名前を顔をすぐに思い出せるだろうか?

もっと見る

人間関係がリセットされない「SNSのつながり」〜つながらない技術

猿

今まで体験したことがない「つながり」

上記のように書くと、新しいSNSの利用のことと理解する人がいるかもしれないが、実はそうではない。

twitter
facebook
LINE
Instagram

これらのSNSが既に、今まで体験したことがない「つながり」なのだ。

なぜ今まで体験したことがない「つながり」なのか?

もっと見る

知らなかったでは 運営会社の思う壺「とりあえずNO」〜つながらない技術

Facebookの顔認識データ収集めぐり新たなプライバシー訴訟

コンピューターのことを理解している人はどのくらいいるだろうか?
全部を理解している人はほとんどいないだろう。

では、SNSやソーシャルメディアはどうだろうか?

どのような仕組みなのか?はわからない。
しかし、便利だから。

そういう状況の中で利用している人も多いはずだ。

またすべてを理解して利用できるはずもないし、
それらは時とともにバージョンアップという変化もする。

もっと見る

電子メールとSNSは同じ道を歩んでいる?〜つながらない技術

電子メール

電子メールはソーシャルメディアよりも
歴史のあるコミュニケーションメディア。

電子メールも始めの頃は使い勝手が良かったツールだった。

それが、メーリングリスト
そしてメルマガの登場

さまざまな電子メールのサービスが開始され、
私たちの受信箱が膨れ上がるようになった。

もっと見る

▲ このページのトップへ